カテゴリー別アーカイブ: 日記

転神流の講習会

転神白書一時期、武道の動きなどを健康法や施術に活かせないかと武道の本をいろいろ読んでいました。
電子書籍「転神白書」(真仙明著)は最も参考になった本のうちの一冊です。
拙著「健康法の極意2」でも引用させていただいています。

今回、真仙明氏が東京で講習会を開くということで参加してきました。
隠し事をしないというのが転神流の特徴の一つで、いわゆる極意・奥義がポンポンでてきます。
武道では師匠ができていても弟子ができていないというケースがよくあります。
説明が難しい、というのと秘密主義で教えない、というのと両方あるようです。

心身楽道と転神流のメソッドは一部を除いて似ていませんが、身体を統一する、身体感覚を鍛える、氣の流れをコントロールする、氣を浄化する、とテーマはかなり共通しています。
心身楽道は主に立つ・歩く・触れるという基本的な動作からのアプローチで健康・癒やしを目的としています。
一方、転神流は主に武道の型からのアプローチで武道的な強さを目的としています。
武道と治療は真逆のようで表裏一体なので、心身楽道で武道がうまくなったり、転神流で癒やす能力が高まったりするのが面白いところです。

転神流では感謝することで技が決まるようになったり、相手の攻撃意志を奪えるようになると説きます。
私は氣心道という氣と心をベースにした武道を習っていたので当たり前に受け取っているのですが、転神流のネットでの評判を見るとそこで怪しいと思ってしまう人が多いようです。
体験してみれば一発で分かるのですが。
合気道の開祖である植芝盛平翁(故人)もかなりスピリチュアルなことを言っています。

そういえばマンガ「HUNTER X HUNTER」で武道の達人ネウロが若い頃に「感謝の正拳突き」をひたすら繰り返して強くなったというエピソードがありました。
作者の富樫さんが氣と心の原理を知っていたのかは分かりませんが、感謝すると氣の状態が良くなり、力みが抜けて統一体になるので非常に良い練習になり得るのです。

お土産いただきました

台湾みやげ何度かお土産をいただいているYさんから、今度は台湾旅行のお土産に高山茶という台湾茶2種類と艾(よもぎ)の健康石鹸をいただきました。
ありがとうございます。

左の阿里山というのは台湾の代表ブランドだそうです。

どちらも甘味と爽やかな香りがありながら、渋みなどはほとんど無く、とても美味しいです。
味に個性があって飲み比べるのも楽しいです。
知り合いが一時ハマっていましたが、中国茶の世界はなかなか奥深く、高いものは目玉が飛び出るくらい高かったりするみたいです。

お土産と施術のご感想いただきました

鴨サブレ以前タイ土産をいただいたYさんに今度は京都土産をいただきました。

メールで「全身スッキリしましたが、特に腰が本当に軽くなりました!」とのご感想もいただきました。
ありがとうございます。

鴨サブレはネットで「(鳩サブレーに似すぎで)これはアウト」などのコメントがありますが、商標登録されています。
他にも、ひよこサブレ、雷鳥サブレ、鶴サブレー、ぶっぽうそうサブレ・・・なんてのもあるようです。

お土産ありがとうございます

水中ウォーキングわざわざ横須賀から通われているSさんから、自家製のフキの煮物をいただきました。
おいしくいただいております。どうもありがとうございます。
ひ孫さんもいらっしゃるそうですが、炊事や裁縫、庭の畑仕事など自分でこなしていらっしゃるそうです。

最近、当院の患者さんの平均年齢が上がっています。
骨を急激に動かしたり、筋肉を強く押したりしない施術なので高齢の方でも安心して受けていただけます。
強く押さないと効かないと思われている方も多いようですが、効かせる強押しができる施術者は非常に少ないのが現状です。

※65歳以上の方は1,000円割引となります。

子供が勉強しない、とお嘆きの方に

勉強中いつもありがとうございます。
身体のポテンシャルをマックスに引き出す整体院、弘明寺カイロの純佑です。

修三:メイク・ユー・ハッピー!修三です。

タマ:読んだ方が幸せになりますように、たまれぽのタマです。
周りのママさんたちが子供が勉強しなくて…とよく愚痴ってるんだけど、純佑さんは勉強しなさい、って言われてた?

修三:純佑はんは東工大を出てるんやな。ビシビシ言われたんちゃう?

純佑:それが、あまり言われなかったんですよ。わりと自分から勉強してました。

タマ:そんな子だと親は楽ね。なにか秘訣はあるのかしら。

純佑:うちの祖母は私の就学前から会うたび「賢い、賢い」とインプットしていたと思います。

タマ:どんなときに言えばいいのかしら?

純佑:文字を覚えたとか計算ができたとか、何でもいいと思いますよ。

修三:ご両親もそんな感じやったん?

純佑:両親にはあまり褒められた記憶がないですね。
小さい時は言ってたのかもしれないけど、祖母に言われた記憶のほうが強いです。
祖母とは同居しておらず、たまにしか会っていなかったはずなのですが。

修三:賢い、とインプットをされていると「賢いと言われるのにふさわしい人間になろう」、つまり勉強しようと思うんやろな。

タマ:他には何かない?

純佑:これは母からだと思いますが、「勉強は面白い」というインプットをされていました。
両親とも未だに読書好きですし、クイズ番組を見ていても歴史や国語はかなり覚えています。

修三:「自分は嫌いだけど、とにかくやれ!」と言うのと「面白いからやってみない?」というのでは全然違うよな。

純佑:これのおかげか、受験勉強もゲームを攻略するような感覚でそれほど苦になりませんでした。
大学の授業にはあまりついていけませんでしたが。

タマ:まとめると、子供に勉強させるには「勉強しなさい!」というより、「あなたは賢い」というのと「勉強は面白い」というのをインプットする方がいいということね。

純佑:できれば「これを勉強するとこういう役に立つ」と勉強の意義をちゃんと伝えられればよいと思います。

修三:子供にとっても意義がわからないとやるのは辛いからな。

タマ:前回の記事でも「命令されるより動機づけしてもらったほうが仕事しやすい」という話があったわね。勉強にかぎらず仕事でも同じでしょうね。
今は全然関係ない仕事をしてるけどなんか役に立ってる?

純佑:どんな仕事でも勉強は必要ですから、勉強するという習慣がついたのは良かったと思います。
あとは集中力がついたとかエセ科学が見分けられるようになったとか、ですかね。

タマ:ママさんは難しい大学に行かせるのが子供にとっても幸せだと思ってるみたいだけど、どうなのかしら?

純佑:東工大生は何かを犠牲にして受験勉強した人が多く、若くして燃え尽きた雰囲気を醸し出している人もいました。
子供を幸せにしたいのなら、いわゆる難関大学に挑戦させるのはあまり良くないかもしれません。

タマ:合コンで一番人気がない大学というウワサもあるしね(笑)
適度に遊びも必要ってことよね。じゃあ、ママさんに伝えてみるね。

三人:では、次回をお楽しみに~

ブログの感想とお土産いただきました

石鹸タイ帰りのYさんから石鹸のおみやげを頂きました。
一つはマンゴスチン入りで抗酸化作用などがあるそうです。
もう一つもハーブの香りの石鹸でとてもよい香りです。
石鹸入れも木彫でおしゃれな感じです。
ありがとうございます。

Yさんからブログの歩き方の記事はとても役に立ちます、とコメントいただきました。
身体を意識して楽さを追求する運動法よりも筋トレ的な負担をかける運動法の方が人気があるのかな~と思うこともありますが、書いていて良かったです。
今後も研究、発信し続けたいと思います。

接骨院の謎

先日、暴力団幹部や接骨院の経営者らが、患者の施術回数を水増しするなど、うその請求をして、療養費数十万円をだまし取ったというニュースがありました。

柔道整復師の知り合いがいますが、昔はチェックが今よりも甘く、水増しなどでベンツが買えるくらい荒稼ぎする人もいたそうです。
近年は保険が使える部位が減るなど厳しくなりつつあるそうですが、そもそもの問題として本来、接骨院での肩こり、腰痛の施術をする場合、保険は使えません(!)
接骨院の本来の業務範囲は打撲やねんざ、肉離れ、骨折、脱臼など主に急性の症状に限られます。
「亜脱臼」などの名目で保険請求して、それが通っているのです。
仮に亜脱臼だったとしてもマッサージなど改善効果が疑わしい処置に保険が使えるというのもおかしな話です。
良心的な所は保険治療と自費治療を分けたり、自費治療に完全移行しているとのことです。

接骨院に使われている健康保険の額は約4000億円ということです。
あまりピンと来ませんが、高すぎてボツになった新国立競技場が毎年作れるくらいの額です。

接骨院の不正請求は微妙な問題なので今まで書いていなかったのですが、たまに「保険は使えますか?」とか「接骨院と整体院はどう違うのですか?」というご質問をいただくことがあるので参考にしていただければ幸いです。

差し入れありがとうございました

1日は横浜ヒーリングマーケットに出展してきました。
行ってみて施術スペースに間仕切りが無かったのにちょっとガッカリ。
(同じ団体主催の東京でのイベントを下見に行ったときは間仕切りがありました)。
特にヒーリング系の施術は集中力が必要なので環境的には厳しい感じでした。
それを含めて大きなイベントに出展するには色々課題が見つかりました。

そんな中でも受けていただいた方は身体の変化を感じていただいたようでよかったです。
当院のお客さんがブログを見て来てくださり、差し入れまで下さいました。ありがとうございます。

以前少し通っていた気功教室で同じだった人と会ったり、しかも隣の出展者さんがその人の生徒だったりと面白い偶然もありました。
隣の出展者さんもとても親切な方で助かりました。この場を借りてお礼申し上げます。

お土産いただきました

おみやげインド帰りのMさんにお香とお茶をいただきました。ありがとうございます。
インドは結構大変だったそうで「もういいかな…」とのこと。
私も一度行きましたが、とにかく疲れるのでもうあまり行く気力がありません(笑)

凍頂烏龍茶は台湾を代表する烏龍茶のブランドでペットボトルで飲む烏龍茶とは別モノと言ってよいくらい香りも味もよいです。