電子書籍「健康法の極意シリーズ」改訂のお知らせ

改訂版表紙昨年7月に「健康法の極意 元気玉の作り方」を出版しました。
身体操作から呼吸法までテーマが多岐に渡りまとまりを欠いている印象があったため、テーマごとに二冊に分けて出版し直しました。

主に身体操作を扱った「健康法の極意2 武道に学ぶ一番楽で効果的なトレーニング」と、主に呼吸法を扱った「健康法の極意3 心身を癒やす一番気持ちいい呼吸法」です。

いずれも出版後に加筆修正して改訂しました。
「元気玉の作り方」に2冊の改訂を反映させたのが本書です。

定価は変更していないので追加料金なしでダウンロードできると思います。
1週間くらいで値上げする予定ですのでご了承願います。
「健康法の極意」2,3の2冊も今年に入ってからも改訂しているのでお持ちの方はお手数ですがダウンロードし直して下さい。

【ストレッチ】額に触れるだけで身体が柔らかくなる

ストレッチについては何度か書いていますが、筋肉を伸ばしすぎると「伸張反射」という反射が起きて逆に縮んでしまいます。
筋繊維は伸ばされる動きに弱いので、守ろうとする働きが備わっているのですね。
「痛気持ちいい程度まで伸ばして」と指示されることが多いですが、ほとんどの場合やり過ぎになっています。

伸ばすのがだめならどうすればいいかと言えば、力を抜いて身体を緩めればよいのです。

「言うは易し行うは難し」で、現代人は緩めるのが苦手になっています。
力を抜く練習をする必要があります。
よく「ギュッと力を入れてパッと抜く」という方法が紹介されますが、それでは部分的にしか効きません。
逆に非常に繊細に力を入れたり抜いたりすることで全身を緩ませることができます。

施術家の方は可動域を改善させたい部位の周辺の筋肉をどうにかしようと考える方が多いですが、緩める触れ方ができていれば離れた場所を触れるだけで改善させることができます。

詳しくは心身楽道の講習でお伝えしています。
電子書籍「健康法の極意」シリーズの2,3でも解説しています。

エルゴノミクス・デザインのマウス

デスクワークをしていて、一日何時間もマウスを操作している方も多いようです。
マウスを長時間使用することは腱鞘炎や肩こりの原因になると言われています。

以前ネットで見かけて気になっていたエルゴノミクス(人間工学に基づいた)デザインの「PERIMICE」を今まで使っていたマウスが壊れたのを機に購入してみました。

有線のタイプと無線のタイプ、左利き用と右利き用、標準サイズと小型サイズのバリエーションがあります。
人間工学に基づいたマウスは何種類かありますが、本製品は有線タイプで1499円、無線タイプで1999円(Amazonでの価格)と比較的低価格です。

図のように人差し指側が大きく盛り上がった形状になっています。
実際使ってみると、予想以上に手にフィットしました。
肘を曲げている状態のときは小指が机について人差し指が浮いているのが自然な状態なのですが、このマウスだとその自然な状態で操作できます。

普通のマウスだと前腕を少し内側にひねった状態になります。
長時間この状態が続くと手首だけでなく、肩にも相当の負担がかかります。

Premiceを使ったあとに普通のマウスを使うと違和感を感じます。
姿勢や動作でも本来の楽な姿勢や動作を知ると、今までの姿勢に戻すと違和感を感じます。
気功教室「心身楽道」ではあまり知られていない本来の楽な状態や動作をお伝えしています。

効果的なストレッチは意外と難しい

自分でストレッチを行ったり、またタイマッサージなどで施術として行っている方も多いです。
自分で行う方も施術として行う方も、痛気持ちいいところまで伸ばす人が多いです。

痛気持ちいいと感覚的には効いたような気がしますが、そこまでやると「伸張反射」という筋肉が縮む反射が起きて、逆効果になってしまうことがあります。
身体に有益な効果が出ているかを見るには筋反射テストで調べるとよいです。
ここでは足首をストレッチした時に脚が軽くなる、という効果を示しています。

これが意外と難しく、効果を出せる人はほとんどいません。
理由は主に2つあります。
1.本来の動きで伸ばしていない。
2.筋力や体重移動で動かしている

1については単純に背屈、底屈という直線的なストレッチをする方がほとんどですが、本来の動きは図のような外返しとそれと反対の内反しという動きです。
本来の動きをしていれば、可動域いっぱいまで動かさなくても可動域が改善する効果があります。

詳しくは過去記事「足首を楽にする」または拙著「ヒーリング・ウォーキング」をご参照下さい。

2については「内側の力」という力を使います。
「内側の力」については拙著「健康法の極意2」に詳しく書いています。
また、近日発売予定の施術の本にもストレッチについて詳しく書いています。

文章では伝わりにくいところもあるので、心身楽道の講習を受けていただくのが早道です。

ツボは諸刃の剣

約1年前にもツボを圧して改善させるという記事を公開しました。
今回も同じ趣旨ですが、「ツボを圧すと動けなくなる」というデモと、比較対象として「普通」に圧した例も加えています。

「ツボを圧すと動けなくなる」ということは武道に応用可能ということです。
遠藤喨及氏は「気心道」というツボを使う武道を体系化されました。
なお、すべてのツボに動けなくなる効果があるわけではありません。

動画で示したように、効果の出る圧し方でツボを圧すと、脚を圧したのに肩の可動域が改善する、というちょっと不思議な現象が起こります。
ツボは全身を含むので、全身に効果が及びます。

普通の圧し方というのはほとんどの施術家が行っている、体重をかけて圧すやり方です。
動画では体重で圧した途端に受け手は痛みを感じ、肩の可動域も元に戻ってしまいました。
これは相手の身体にダメージを与えてしまっていることを示します。

実際に「リラクセーション」などに通うほど筋肉が硬くなってしまったという話はよく聞きます。
受ける側もより強い圧を求めるようになってしまう方がいらっしゃいます。
しかし、「響いている」のと「単に痛い」というのでは効果は真逆になります。
感覚的にももちろん異なりますが、響かせる圧し方をできる人が少ないので体験したことが無い方も多いと思います。
また、同じ理由で本やネットに出ている「◯◯に効くツボ」を自分で圧したりしても効果が出ることはほとんどありません。

改善効果を出すには触れ方、身体の使い方、心のあり方ができている必要があります。
心身楽道では体系的にそれらをお伝えしています。
また、施術家の方には術者も受け手も癒しの気で満たされる技法をお伝えしています。

新刊「心身を癒す 一番気持ちいい呼吸法」のお知らせ

表紙小健康法の極意3 心身を癒す 一番気持ちいい呼吸法」を出版しました。

今までの呼吸法で効果が感じられるものが無かったので、その場で効果が感じられる呼吸法を開発しました。

「身体に氣が通る感覚を目覚めさせる」、さらには「氣を浄化して、癒しの氣(ヒーリング・エネルギー)を全身に広げる」ことを目標にしています。

技法としては、前著で紹介した身体の動かし方を基に以下の要素を組み合わせていきます。
・さらに氣と心の法則を知る
・癒やしの氣を出す法則を知る
・呼吸法で氣を浄化しながら全身に広げる

ほとんどの健康法は肉体へのアプローチとなっていますが、氣を浄化したり、練ったり、全身に通したりというエネルギー的なアプローチも加えています。
本書の技法を行うと通常の手技療法よりも深い内側からの調整や癒しが自分で起こせるのが感じられると思います。
浄化された癒しの氣が呼吸法によって全身に広がると、身体が軽く感じられてきます。

力を使わずに身体を動かす練習になっているので、手技療法や武道、スポーツ、ダンスなどの上達にも効果があります。
ストレス対策としても、感情の解放、浄化の効果がありますのでメンタル面にも良い効果をもたらします。

※以前出版した「元気玉の作り方」の後半に加筆修正したものです。
「元気玉の作り方」は後日修正を反映して改訂する予定です。

「北斗の拳」とヒーリング・ウォーキング

先日講習に来てくださったS様によると、私の提唱しているヒーリング・ウォーキングと以前教わっていた中国人気功師の動きが以下の点で似ていたそうです。
・すり足で動く
・上半身が上下しない
・曲線を描く足運び

その先生は細かい歩き方を教えていたわけではないそうなので、浮き身などを意識されていたのかは分かりません。
能の足運びもすり足で上半身は上下しないのですが、足運びは直線的です。

その先生はさらに北斗七星の動きをするように教えていたそうです。
北斗七星の動きというと、世代のせいか「北斗の拳」のラオウとリュウケンの戦いのシーンを思い出します。

ラオウは主人公ケンシロウの兄なのですが、ケンシロウに伝承者争いに敗れたので師リュウケンによって拳を封じられることになりました。
そのときリュウケンが使ったのが「北斗七星点心」という奥義技です。
北斗七星の動きを取ると相手の死角に入れるため、有利に戦えるというものです。
リュウケンもラオウ相手に有利に戦いを進めましたが、持病の発作が出てラオウに敗れてしまいました。

北斗の拳について考証しているサイトによると、この技は中国の宗教儀礼として行われている「禹歩」や八卦掌に伝わる「泥歩」「走圏」といった敵の死角に滑りこむ歩方がヒントになっているのではないかと推定される、とのことです。

上述の宗教というのは道教のようです。
道教では北極星信仰があり、五行帰一という瞑想のときに北斗七星からの気が入ることをイメージする技法もあります。
現代人の我々が想像するより、昔の人は北斗七星に神秘的なパワーを感じていたのでしょう。

北極星信仰は仏教と結びついて妙見菩薩として日本にも入ってきました。
妙見信仰をもとにした手技療法を伝えている方もいらっしゃいます。
北斗神拳と同じく一子相伝だったそうです。

顎関節の可動域を30秒で改善する

当院には顎関節症だけで来院される方はあまりいらっしゃいませんが、肩こりなどで来られた方に話を聞いていると顎関節症にお悩みの方はかなりいらっしゃいます。

食いしばりや噛み合わせなどが原因とされ、マウスピースを入れる治療法が知られています。
整体の考えでは顔は全身の歪みの影響を受けるため、顔だけでなく全身の調整を行います。
自分の経験でも首の調子が悪い方は顎関節も調子が悪いという相関があります。

顎関節の動きはちょっと複雑です。
2cm開ける時は回転運動ですが、それ以上開ける時は下顎骨が前下方に動きます。
こちらの動画でCGで説明されています(英語音声。日本語字幕もありますが、機械翻訳なので英語字幕の方が分かりやすいかもしれません)。

無意識に間違った動きを繰り返すことによって負担をかけている事が多いです。
抵抗をかけてゆっくり戻すことで本来の動きをインプットすることができます。
それにより、短時間で可動域も改善します。

電子書籍「武道に学ぶ一番楽で効果的なトレーニング」

電子書籍電子書籍「武道に学ぶ一番楽で効果的なトレーニング」を出版しました。

既刊の「健康法の極意2 元気玉の作り方」の前半部に加筆修正したものです。

「武道に学ぶ」というテーマで武道に学ぶというテーマで本来の身体の使い方をトレーニングする方法をお伝えしています。

なぜ武道に学ぶと良いのか、というと本来の武道では筋力を使わない本来の身体の動かし方が研究されているからです。
意外に聞こえるかもしれませんが、筋力を使わないほうが相手への作用が大きくなるのです。
本来の身体の動かし方をしていればケガをしたりコッたりすることも少なくなります。

武道を長くやっていても本来の身体の動かし方ができておらず、筋力に頼っている方が多いようです。
本書はシンプルですが一気に上達する鍵になる秘伝的な内容を含みます。
武道に限らず、スポーツやダンスにも応用可能です。

技法としては、前著で紹介した立ち方を基に以下の要素を組み合わせていきます。
・螺旋の動きの意識を深める
・身体の連動性を高め、身体を一つにして使う
・感覚上の重心を下げる
・地面から気を上げ、内側の力に転換する
・気と心の法則を知る

※前作の内容をある程度練習していることを前提にしています。

※本来は直接指導にてお伝えすべき高度な内容が含まれています。

※「健康法の極意2 元気玉の作り方」は加筆修正の内容を反映して改訂する予定です。
しばらくお待ちください。