道具に氣を通す合氣

「透明な氣を通す技法」の応用として道具に透明な氣を通すことができます。
氣を通したい方向を意識して透明な氣を透す技法を行います。
技法については執筆中の「健康法の極意5」で公開予定です。

道具の持ち方によっては氣が通らないので、手と接触する部分は均一の圧になるように注意します。

手と道具が一体化し、道具からも透明な氣が出ているような感覚になります。
慣れると道具を介しても相手に気が通った感覚などが分かるようになります。
動画では新聞紙を通して相手を無力化する合気的な技を行っています。
氣の力で新聞紙が強くなっているように見えるかもしれませんが、そうではありません(笑)。

たとえば剣道に応用すると、剣が当たったときの衝撃が相手の側に貫通するようになります。

手技療法の場合は鍼治療など道具を使った施術に応用可能です。
私自身は鍼を使えませんが、受講生の鍼灸師さんによると氣を通せると効果をかなり上げられるそうです。

野球やテニスなど、道具を使うスポーツにも応用可能だと思われます。

本当に効くヒーリング・サウンド

最近研究中の「透明な氣を通す技法」を楽器演奏に応用すると癒やし効果が出ることが分かりました。

約2年前にピアノの弾き方で身体への反応が異なるという記事を上げました。
見直してみると、当時よりかなりレベルが上がっています。

透明な氣を通す原理は手技療法や武道に使うときと同じです。
現在執筆中の「健康法の極意5」で公開する予定です。
講習では既にお伝えすることが可能です。

今回は立ったときのバランス(身体を横から押す)と、肩の外転(横から腕を挙げる)でチェックしています。

普通に腕の重さで弾いたときは変化は見られませんでしたが、氣を通して弾いた場合はバランスも可動域も改善していました。

音を聞くだけでこれだけ効果が違うのは、やっている本人もちょっと驚きました。
直接身体に触れる手技療法だったらさらに効果に大きな差が出ることが分かると思います。

筋反射テストができる人は動画の最後で普通に弾いた場合と氣を通した場合の音を聞いてテストしてみると差がわかると思います。

メルマガ第6回配信されました

メルマガ第6回が配信されました。
今回はブログページに即反映されていました。
ブラウザに広告ブロックが入っていると動画再生が始まらないようです。

力を抜くというのが手技療法や武道では非常に重要です。
しかし、どうやったら力が抜けるのかというのを具体的なメソッドとして教えているところはほとんどありません。
たとえば手を結んでパッと開く練習がよく紹介されますが、能動的に開いてしまうことが多いです。

受動的にただ緩むのに任せるというのが極意です。
本当はこれが基本で、能動的に手技を行うと受け手にダメージを与えてしまいます。
武道の場合は反射的に防御されてしまいます。

ワークも紹介していますが、文章にするとなかなか伝わりにくいです。
直接お伝えすると「こんなに繊細な動きだとは」と驚かれる方が多いです。

最近は誰でもできるのを売りにしている手技教材が多いですが、施術家も職人のように手の感覚を養っていくのが王道だと思います。

メルマガ第5回が配信されました。

メルマガ「エネルギーTV」の第5回「氣が通る”正しい立ち方”とは?」が配信されました。
(タイトルは担当の方がつけています)。

立ち方については本ブログでも何度か取り上げていますが、母趾球、小趾球、踵の三点のバランスを丁寧に取ることで「根づき」というリラックス状態になります。
重心については「踵重心がいい」「つま先重心がいい」という真逆の説があって混乱しますが、一点に意識しようとすること自体が緊張の原因になってしまいます。

根づきができていれば、それだけで近くにいる人もリラックスします。

根づきは施術や、武術など身体操法の基本になります。
これを元にすることでリラックス状態を維持したまま動けます。
逆に、これができていないと、どう動いても脱力はできません。

現状では根づきができる人がほとんどいないので、立ち方に関しての説はほとんどが的はずれなものになってしまっています。

メルマガの過去記事が読めるブログができました。
(本記事投稿時点では最新の記事は反映されていません。)

本当は難しい効果的なストレッチ

ストレッチは健康法の一つとして人気があり、書店に行くと多くの本が並んでいます。

痛気持ちいいのを体によいと思って行っている人が多いようですが、やり方を間違えると健康に悪いということはあまり知られていません。

知人がヨガスタジオのインストラクターになったらヒザを痛めてしまいました。
周りのインストラクターも同様の理由で辞めてしまう方が多いそうです。
そのスタジオの研修で教えているという動きは理にかなっていないと思われるものがありました。

理にかなった動きとはどのような動きでしょうか?
基本的には関節本来の動きに従えばいいのですが、できていない人がほとんどです。

たとえば、膝を胸に近づけるという股関節の屈曲動作を例に取ると、膝をまっすぐ上に挙げる人が多いです。
これは関節本来の動きではなく、理にかなっていないため逆効果になります。

大腿骨頭は骨盤に対して斜めにはまっているため、膝をやや内側に向けて、かつ少し内捻りしながら屈曲するのが関節本来の動きになります。

また、力を抜くことでストレッチすると、より効果を上げられます。
たとえば、腕を伸ばすときは限界から更に力を入れるよりも、肘の力を抜いたほうが伸びることが分かると思います。
このとき身体の連動性が上がるので、心身楽道では「連動ストレッチ」と呼んでいます。

他人にストレッチする場合は、理にかなった身体操法でストレッチする必要があります。
ほとんどの人が体重移動を使っていますが、これは身体に緊張を生じさせるため、受け手も緊張させてしまいます。
術者自身の重心を下げることで操作する必要があります。
体重移動を使って施術する人が動画を見ると、術者が体重移動を使っていないため違和感を感じるかもしれません。

他人に連動ストレッチをする場合は、氣を使えないとできません。
武道でいう発勁の原理を使います。
具体的な技法は「健康法の極意4」で公開しています。

ここでは股関節の屈曲について、ストレッチのやり方による効果の違いを動画で示します。

次の3つのやり方を比較しています。

A.膝を真っ直ぐ挙げる
B.股関節本来の動きで挙げる
C.氣を使ってBを行う(連動ストレッチ)

これらについて以下の評価も行っています。
・ストレッチ後の脚の重さ
・ストレッチ後にももを挙げて力が入るか

Aのやり方だと、脚が重くなってしまいました。
関節本来の動きではないため、緊張が生じたため効果はマイナスになります。

Bのやり方だと脚が軽くなる効果はありましたが、ももを挙げて力が入るという効果はありませんでした。

Cのやり方だと膝を挙げるときに、限界を超えて動く感覚があります。
さらに脚が軽くなり、ももを挙げるときに力が入るようになりました。
これは身体の動きの連動性が上がった効果です。

見た目はあまり違いがないですが、微妙な角度や体の使い方の違いで効果が大幅に異なることがお分かりいただけたと思います。

効果のあるストレッチができる人はどれくらいいるのでしょうか?
ネットで股関節のストレッチを教えている人を見ると、私の見た限りでは膝をまっすぐ挙げるように説明している人がほとんどでした。
健康法のつもりで、体に悪いことを教えているのです。

他人にストレッチするセラピストも同様で、ほとんどの人が身体に悪いストレッチを行っています。

メルマガ第4回配信

メルマガの第4回が配信されました。
タイトルは会社の方がつけています。

今回は立ち方について基本的なことをお伝えしています。
立位で骨盤の左右差があると整体的には骨盤が歪んでいると見ますが、「身体バランスを意識できていなかった」と見ることもできます。

左右の足に同じだけ体重を乗せるようにしていただくだけで、矯正しなくても骨盤が整った状態になります。

Youtubeの動画はメルマガを取っていなくても見ることができます。

動画で広背筋の筋肉反射テストを行っていますが、この筋肉に力が入ったのは骨盤が整ったことを示します。

左右の足に同じだけ体重を乗せる、というのは当たり前の話ですが意識していない人が多いです。
逆に言うと意識できれば腰痛などの症状が出にくくなったり、改善が早くなったりします。
また、スポーツのパフォーマンスも改善します。

合気の目 視線で相手に氣を通し、力を抜く

以前の記事で、手から相手に氣を通して力を抜く技法について紹介しました。

視線を使って相手に氣を通して力を抜くこともできます。
視覚は触覚と似ているところがあり、じっと見られていると何かに触られたような感じがしたりします。

氣を通す技法を使うと、受け手の力が一時的に抜けます。
受け手が氣に敏感なら身体に何かを通された感覚が分かります。
氣を通す側にも氣が相手に通ると同時に自分の目に逆流してくるようなちょっと不思議な感覚が生じます。
このとき、軽い瞑想状態(ゾーン)に入るので、相手の動きが見えやすくなるという効果もあります。

この視線を使った技法については拙著「健康法の極意4」で施術に使える技法として公開しています。
武道に使う場合も原理は同じです。
心身楽道の癒やしの武道は暴力反対のため実戦には興味がありませんが、格闘技などの試合でうまく使えれば有利になります。

なお、心身楽堂では「合気」という言葉は氣を通すことによって相手の力を抜くことを指しています。
これは施術にも武道にも使うことができます。

合気を物理的な技として研究している方もいるようですが、ある程度は技が再現できても限界があると思われます。
また、施術には応用しにくいです。

集中セミナー開催しました

先週、7日間連続の集中セミナーを行いました。
生徒さんが将来的に整体などの施術を仕事にすることも考えていらっしゃるようでしたので、氣を使った施術もお伝えすることにしました。

時間が不足気味でしたが、一通りの施術をお伝えすることができました。
間隔を空けて来られるよりも続けて来られたほうが上達が速いです。

氣を使えると、物理的な施術に比べて施術効果も受け手の気持ちよさも大幅に向上させられます。
心身楽道は氣を使った施術をお伝えしている希少な教室です。

また、一度にお伝えするのは4人までと少人数制で行っております。
生徒さん全員に受けてもらうのと、生徒さんの施術を受けるには4人が限界だと思います。

講師が生徒の施術を受けないところはちゃんとしたアドバイスが受けられない可能性が高いです。
見ただけでアドバイスできればいいですが、そこまで見る目のある人はほとんどいません。

野毛の珍獣屋


以前から噂は聞いていた野毛の珍獣屋に行ってきました。
甥っ子が「桐谷さん ちょっそれ食うんすか!?」という野食系の漫画を読んでいて行きたくなったそうです。
同じく野食系の「僕は君を太らせたい!」という漫画がビッグコミック スペリオール誌で始まりました(リンク先で第一話が読めます)。
原作の野食ハンマープライスというブログはかなり人気なようです。
最近、野食ブームなのでしょうか?

珍獣屋の話に戻すと、写真のワニの手一本揚げは見た目はインパクトありますが、味はフライドチキンと似ていて普通に美味しいという感じでした。
この形のワニ肉はネット通販でも入手可能なようです。

セミツクツクボウシも見た目は食欲を全くそそりませんが、食べてみるとスナック菓子みたいでした。
珍しいからといって不味いものは出さないよね、と思って他の人のブログを見るとカブトムシは不味いようです(笑)

食材が高価なため値段の割に量は少なめですが、行ってみると話のタネになると思います。
土日は混んでいるため要予約だそうです。