メルマガ第24回配信されました

メルマガ第24回が配信されました。
手技において体重を使うように指導することが多いですが、重心を下げる方が防御反応が起きず、施術効果が上がりやすいです。

重心を下げるように言われても、膝に力みが入って重心が下がっていない人が多いです。
重心を下げるにはこれまで解説してきた浮き身や螺旋の動きができている必要があります。
また、心理的な要素も影響します。

できていると、地面まで重心が下がったような感覚が生じます。
さらに力みを抜くと足から気が上がってきます。
心身楽道では内側の力と呼んでいます。
これは武術の発勁と同じ原理と考えられます。
施術に応用することでさらに効果を上げることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.