極意:感じていれば緩む

心身楽道では触れ方について極意的なメソッドを具体的にお伝えしています。
物理的に何グラムとかではなく、意識のコントロールが重要になります。

術者が受け手の膝を横に倒す動作を例に取ります。
ほとんどの人が相手に触れるときに微妙に押し付けて、無意識に受け手の状態を感じないようにしています。
自分で倒してもらったときと術者が倒したときで可動域があまり変わりません。

力みを抜いて相手から返ってきた力を受け容れると、受け手の状態を感じることができます。
「股関節のあの辺が引っかかっているな」というのが感覚で分かるようになってきます。
緩ませようとしなくても、感じ続けていると受け手は自然に緩んでいきます。


検査と施術を分けて考える施術家が多いのですが、検査で患者さんに緊張を与えているケースが見られます。
また、なにか操作することで緩ませると考えている方も多いですが、ただ感じるだけで緩むのです。

力というより意識のバランスを取るという領域に入ると、緩みが広がって自発動という自然に身体が動く現象が起きることがあります。
このときは身体に調整作用が働き、自然に整っていきます。
動画では自分で練習する方法もご紹介していますが、我流でやると効果が出ないので直接講習を受けられることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.