カテゴリー別アーカイブ: 整体・カイロ

症例ブログ:頭痛

頭痛で来院された30代女性のNさん。
調べてみると肩こりが結構すごいのですが、頭痛に気を取られているためかあまり自覚は無いそうです。肩甲骨の動きが出るまで時間をかけて施術しました。
2回めに来られた際、「久しぶりに頭痛が無い日々を過ごせました」とおっしゃっていました。
頭痛には色々原因がありますが、首や肩のコリから来ている頭痛は経験上改善するケースがほとんどです。

健康は楽に立つことから

先月作成した、癒しの氣・心身楽道のサイトで楽な立ち方をまとめてあります。

浮き身ができて楽な立ち方に慣れてきたら、そこからずれた時に違和感を感じるようになってきます。

ほんの少しでもつま先側に重心が動くと肋骨付近や髪の生え際に緊張を感じます。
分かりにくい方は大げさに重心をずらすと分かると思います。

同様に、
かかと側にずれると、坐骨付近、首の後ろ
親指側にずれると、膝の内側、股関節、額
小指側にずれると、太もも外側、側頭部
がそれぞれ緊張します。
(緊張を感じる位置については個人差があると思います)

たとえばかかと側にずれた状態での緊張が続くと、腰痛や首痛になります。
この場合の腰や首の痛みは「立ち方がおかしい」というサインであり、マッサージしても立ち方がそのままなら再び痛くなってしまいます。
骨盤調整などで楽な立ち方に近づけることはできますが、立つ時にバランスを取るのは本人にしかできません。

逆に言うと、楽な立ち方さえできていれば首痛や腰痛になりにくいと言えます。
常に浮き身のバランスの意識を持っていれば、重心がずれたときに上記の違和感を感じるようになります。

なぜこんな簡単かつ大事なことを誰も言わないかというと、治療家にも楽な立ち方をできている人がほとんどいないからです。
姿勢についても外からみた骨の位置などで語る方がほとんどです。
感覚より理論を重視する治療家が多いようですが、感覚を養うのが上達の早道です。
感覚を養う上達法にご興味のある方は施術家向けのページをご参照ください。

当院では通常の施術のほかに、「癒しの氣・パーソナルトレーニング」という立ち方から始まって楽な身体の使い方を体感しながら習得するメニューがあります。
他の治療院ではやっていない試みですが、将来的には小学校で教えられるくらい普及すれば治療院は要らなくなるかもしれません。
(立ち方については施術の終わりにご説明することもあります)。

触覚を鍛える

先日のサイエンスZERO「驚異の体感! “触覚テクノロジー”最前線」で触覚に関する技術が取り上げられました。

一つは触覚をほとんど失った方へのリハビリ。
振動を利用することでかなり触覚が回復することが示されました。

私は主に治療家の方に触れ方を教えていますが、手の感覚が鈍くなっている方が多いようです。
その場合、予備練習としてボディソニック風のベッドに触っていてもらうと活性化します(スピーカーの箱などでもよいです)。
下の関連記事にあるように、振動で触覚が活性化すると身体が緩みます。
(関連記事:ボディソニックっぽい整体ベッドの効果

触れ方に上達すると相手に触れるだけで緩められます。
逆に言うと、これができないと揉んでも引っ張っても緩めることは難しいです。
(関連記事:触れることは、コミュニケーション

筋肉が凝ったり骨格が歪んだりというのも身体の内側の感覚が鈍くなっていて傾いていることに気づかなくなってしまったため、と考えています。
当院の施術では触れるときに意識のコントロールをすることで受け手の方の感覚を活性化させて緩めています。
(単に弱く触ればよいというものでもありません)。
ゆっくりソフトに動かしているのに緩むので不思議がられることがありますが、雑に動かすと防御反応が起こり緩まないのです。

寝相がいいと腰痛になる?

寝相NHKのためしてガッテン「解禁!腰痛患者の8割が改善する最新メソッド」の冒頭で腰痛対策グッズを紹介していました。
脚を固定してひっくり返る逆ぶら下がり健康器は面白そうです。
ネットで調べると2万円以下で買えるようです。
膝が伸びないのを除けば公園の鉄棒でもいいと思いますが。

本題は「寝相がいい人、つまり寝返りをうたない人は腰痛になりやすい」という話でした。
スタッフが棺桶みたいな箱に入って寝返りをうてない状態で寝ると、一晩でかなりひどい腰痛になってしまいました。
寝るときには内臓の重さなどの負担が腰にかかり、血流が低下してしまうのが原因です。

寝返りを増やすにはどうすればいいのか、というと大胸筋や大腿四頭筋(太もも前側の筋肉)などを緩めればよいということです。

それらの筋肉を緩めるためにストレッチが紹介されました。
最新メソッドってストレッチか…と思われたかもしれませんが、寝返りに注目して腰以外の部分にアプローチするのが新しいようです。

また、柔らかすぎる寝具や高さが合わない枕を使うと寝返りをうちにくくなるので腰痛の原因になるとのことです。

私の施術経験でも腰痛がある人は他の部分も固いです。
ストレッチも効果があると思いますが、動かしながら緩めた方が早いし負担も少ないと思います。

そもそもの原因は筋肉が硬くなるような姿勢にありますので、当院では施術後に筋力をなるべく使わない楽な立ち方、座り方をお伝えしています。
また、心身楽道の講座ではそれらのワークを集中的に行います。

症例ブログ:腕のしびれ

腕のしびれ70台男性のSさんは肩が挙がらないのと腕のしびれで来院されました。
初回から肩の可動域が改善しだして、3回目くらいでしびれはほとんど無くなったそうです。

腕のしびれというと頚椎だけが原因と思う方が多いようですが、鎖骨の周りも固くなっているケースが多いです。
本来は鎖骨から腕が動くのですが、鎖骨を固めたまま腕を動かしている人がほとんどです。

腕が非常にだるい、と来られた方が鎖骨周りを緩めたら劇的に楽になった、ということもありました。
結構重要な所なのですが、あまり鎖骨周りを丁寧に施術する整体院は無いようです。

症例ブログ 手首痛

手首50台女性のNさんは手首痛で来院されました。
仕事での作業が原因ではないか、とのことです。
触ってみると極端に可動域が狭まっています。
このような場合でも丁寧に骨を動かしているとだんだん緩んできます。
3回くらいでほとんど痛みは無くなりました。

手首にはほとんど触らない治療家が多いようですが、逆に、手首の調整で全身を改善できるという方もいます。
当院でも主訴が腰痛など、一見手首に関係なさそうでも手首の調整を行います。
体内の感覚がつながってくると一箇所の動きにも全身が関連していることが感じられてきます。

PCやスマートフォンの使用時間が長くなっているためか、自覚はなくても手首が固くなっている方が非常に多いです。
軽く手根骨(手首のところの骨)に触れながら手を振るくらいでもいいので、時々は手首を動かすようにすると予防になります。

リラクセーションの裏側

21日の「クローズアップ現代+」“消費される”若者たち ~格差社会の新たな現実~で個人請負の問題が取り上げられていました。
かつて大手リラクセーションのチェーン店で働いていたという人は、長時間勤務のため指が故障したということで労働条件の改善を訴えたら即契約解除されました。

別の方はリラクセーション店で3店舗掛け持ちで月収15万円と言っていました。
番組内では言及していませんでしたが、恐らくこの方は最低賃金以下で働いていることになります。

なぜこんなことが起きてしまうかというと、個人請負の契約で歩合制で働いている人が多いからです。
雇用契約があるとそんな理由で解雇できないし、最低賃金は払わないといけませんから「ありえない」話なのです。

番組内で紹介されたように、会社と個人事業主との契約という建前ですので、派遣やアルバイトとも異なり社会保障の類や有給休暇などは一切ありません。

本来は会社側は個人事業主に指揮命令はしてはいけないのですが、実際にはアルバイトと同じように指揮命令しているので、会社側の都合のいいところだけ取った形になっています。

外食チェーン店の「ブラックバイト」が話題になった時も問題視されましたが、本来は雇用契約を結ぶべきところを個人請負にしている違法行為であるところが最大の問題なのに、そこに触れられていなかったのは残念でした。

10年くらい前はリラクセーションの相場が60分5000円だったのが、4年ほど前から60分2980円になった裏にはこのような事情があります。
物販ではないので、安くするには人件費を下げるしかありません。

研修も短くなる傾向にあり、たいていは未経験者を1~2週間の研修でお客さんにつかせるようです。
聞いた中で一番酷い話では面接に来た未経験者を即日入店させてお客さんにつかせたという店がありました。

研修や実務経験が長ければよいのかというとそうでもなく、番組での映像にあったような身体に体重をかけて押圧する「手技」ではリラクセーションにすらならず、身体は硬くなります。
行う側も身体を壊すだけで技術は身につきません。
本当の意味で身体を緩める技術にご興味のある方は「施術が上手くなる講座」体験講習をおすすめします。

心身楽道 セルフケア 腰、腹部編

7月6日の記事で、お腹を緩める簡単な方法を紹介します、と書いてから時間が立ってしまいましたが、動画ができたのでご紹介します。

やり方は簡単です。
1.どれくらい後屈、前屈できるかチェックしておきます(無理をしないでください)
2.お腹と腰に手を当てて楽な範囲で前屈、後屈します。
3.手をあてる位置を少しずつ上に移動しながら2を繰り返します。
4.みぞおちまで行ったら再チェックします。

前回書いたように、身体意識を目覚めさせるのが目的ですので、楽な範囲で感じながらゆっくり動かす方がよいのです。
今後は身体意識を目覚めさせるワークや施術を心身楽道と呼ぶことにします(また変わるかもしれません)。
コリがあると押したくなるかもしれませんが、押してしまうと防御反応で逆効果になることが多いです。

直ぐに効果が出ると思いますが、身体意識を定着させるには繰り返し行う必要があります。
また、触り方(意識のし方)で効果はかなり変わります。

「施術が上手くなる講座」では身体意識を目覚めさせる触れ方、身体の動かし方から施術に活かす方法までご紹介しています。

ソフトな施術の方が効くのはなぜ?

ソフトな施術最近、初診の方に「本当にソフトですね」と言われることがあります。
「ソフト過ぎませんか」と心配(?)される方もいます。

「普通の」施術とソフトな施術で、どちらが効くのか、試しにやってみましょう。
首を右に回して楽に回る角度とちょっと頑張れば回る限界の角度を覚えておきます。
(どこまで見えるか目印を覚えておくとよいです)。

1.ストレッチのように限界の角度まで回すのを2~3回行います。
(決して無理はしないでください)。
この後、もう一度回して回る角度が変わったかチェックします。

2.ゆっくりと5秒以上かけて楽に回る角度まで回します。
これも2~3回行ってから、回る角度が変わったかチェックします。

1では角度はあまり変わらず、2ではよく回るようになったのではないでしょうか?

1の方法ではいかにも「効いた」ような気がしますが、身体の防御反応が起こってしまい、緩まることはありません。
巷の施術院で行われている施術のほとんどはこちらです。

2の方は効いた気がしないと思いますが、いつの間にか緩んでいます。
ゆっくり動かすことで、希薄になっている身体意識を目覚めさせることを狙っています。

身体意識が定着するには施術を繰り返し受けたり、普段から意識的に身体を動かしている必要があります。

「施術が上手くなる講座」では身体意識を目覚めさせる触れ方、身体の動かし方から施術に活かす方法までご紹介しています。