カテゴリー別アーカイブ: 整体・カイロ

症例ブログ:腕のしびれ

30代男性のIさんは腕のしびれで病院に行ったら頚椎が原因らしいと言われて、「頚椎ならカイロだろう」と思われたそうで当院に来院されました。

首の動きを良くする手技を行っただけで楽になり、その後太ももを押しているときもしびれが抜けていったそうで不思議がられていました。
施術後はほとんどしびれは残っていなかったそうです。

一般的に症状は違和感から痛み、痛みからしびれへと悪化していきます。
したがってしびれの治療は回数がかかることが多いのですが、このように劇的に改善することもあります。

当院の施術は他院と異なり、骨格の調整だけでなく「邪気を健康的な気に転換する」ということを行っています。
身体を押しているのも筋肉にアプローチしているわけではなく、気の流れる経絡へのアプローチです。
体重を使って押すマッサージと一見同じように見えますが、全く異なるものです。

受けると気のレベルではマイナスからプラスへの劇的な改善が起こります。
ただし全員が劇的な変化を感じるわけではなく「なんとなく変化を感じる」くらいの方もいらっしゃいます。

ストレッチせずに首を回しやすくする

久しぶりに動画をアップしました。

可動域を広げる=ストレッチと思っていらっしゃる方が多いですが、ストレッチをしないで可動域を改善する方法です。
螺旋の動きについて当ブログで何度か書きましたが、背骨も螺旋の動きをします。
頚椎(首の骨)の場合、横に向く時は少し上に曲がる(逆側に傾く)ような螺旋の動きをします。

動画のように手で横を向くのを邪魔して、戻す時にゆっくり戻すと本来の動きがインプットされます。
自分で戻すというよりも自然に戻るのを待つという感じです。

回すときは戻ってきたときの経路を通るように少し上を向きながら回します。
その方が手に伝わる力が強くなることがわかると思います。

3回行った後に回旋してみると可動域が明らかに広がっていることが分かります。
この前にストレッチをしていますが、可動域はほとんど変わっていません。
首を真横に向ける動きは本来の動きではないため、真横に向けるストレッチはしない方が良いです。

脚の螺旋をうまく使うとあまり筋力を使わず楽に歩けるようになります(ヒーリング・ウォーキング)。
全身の螺旋の動きをインプットするとやはり筋力をあまり使わず楽に動けるようになります。
ご興味のある方は心身楽道の健康気功講座をお勧めします。サイトからお問い合わせ下さい。

整体・マッサージの良し悪しの見分け方(身体の動かし方)

触れ方、圧し方に続く第3回です。

動画のように、手を合わせて手首を倒すように押してもらいます。
手首が正しく使えていれば押せますが、使い方が間違っていると力がぶつかった感じになり、押せません。

手首を蝶番(ちょうつがい)のように単純に曲げ伸ばしで使っている人が多いですが、実際はバネのような螺旋の構造になっています。
曲げ伸ばしだけの動きだと手首以外を固めてしまいますが、螺旋のように使えると全身の動きと手首の動きが連動します。

自分の関節を正しく使えていない人が受け手の関節を曲げ伸ばしすると、本来の構造を無視して動かすことになるのでダメージを与えてしまいます。

本来の螺旋の動きを自動車がカーブのある舗装道路の上を走っている状態だとすると、蝶番のような単純な曲げ伸ばしは直線だけど凸凹の道を走っている状態に喩えられます。余計な負荷がかかって力が出ないし、故障しやすくなります。

整体などの施術だけでなく、武術、ダンス、スポーツでも共通することです。
ダンスは本来の動きを活かしたほうが力強く、美しく見えます。
スポーツでも同様ですが、どうしても不自然な動きが入ることがありますので故障しないように注意が必要です。

修正するための原理は簡単で、自分の関節でも他人の関節でも、最も力み無く動かせる方向に動かせばよいのです。
定着させるには普段から力みのない動きを意識する必要があります。

症例ブログ:頭痛

頭痛で来院された30代女性のNさん。
調べてみると肩こりが結構すごいのですが、頭痛に気を取られているためかあまり自覚は無いそうです。肩甲骨の動きが出るまで時間をかけて施術しました。
2回めに来られた際、「久しぶりに頭痛が無い日々を過ごせました」とおっしゃっていました。
頭痛には色々原因がありますが、首や肩のコリから来ている頭痛は経験上改善するケースがほとんどです。

健康は楽に立つことから

先月作成した、癒しの氣・心身楽道のサイトで楽な立ち方をまとめてあります。

浮き身ができて楽な立ち方に慣れてきたら、そこからずれた時に違和感を感じるようになってきます。

ほんの少しでもつま先側に重心が動くと肋骨付近や髪の生え際に緊張を感じます。
分かりにくい方は大げさに重心をずらすと分かると思います。

同様に、
かかと側にずれると、坐骨付近、首の後ろ
親指側にずれると、膝の内側、股関節、額
小指側にずれると、太もも外側、側頭部
がそれぞれ緊張します。
(緊張を感じる位置については個人差があると思います)

たとえばかかと側にずれた状態での緊張が続くと、腰痛や首痛になります。
この場合の腰や首の痛みは「立ち方がおかしい」というサインであり、マッサージしても立ち方がそのままなら再び痛くなってしまいます。
骨盤調整などで楽な立ち方に近づけることはできますが、立つ時にバランスを取るのは本人にしかできません。

逆に言うと、楽な立ち方さえできていれば首痛や腰痛になりにくいと言えます。
常に浮き身のバランスの意識を持っていれば、重心がずれたときに上記の違和感を感じるようになります。

なぜこんな簡単かつ大事なことを誰も言わないかというと、治療家にも楽な立ち方をできている人がほとんどいないからです。
姿勢についても外からみた骨の位置などで語る方がほとんどです。
感覚より理論を重視する治療家が多いようですが、感覚を養うのが上達の早道です。
感覚を養う上達法にご興味のある方は施術家向けのページをご参照ください。

当院では通常の施術のほかに、「癒しの氣・パーソナルトレーニング」という立ち方から始まって楽な身体の使い方を体感しながら習得するメニューがあります。
他の治療院ではやっていない試みですが、将来的には小学校で教えられるくらい普及すれば治療院は要らなくなるかもしれません。
(立ち方については施術の終わりにご説明することもあります)。

触覚を鍛える

先日のサイエンスZERO「驚異の体感! “触覚テクノロジー”最前線」で触覚に関する技術が取り上げられました。

一つは触覚をほとんど失った方へのリハビリ。
振動を利用することでかなり触覚が回復することが示されました。

私は主に治療家の方に触れ方を教えていますが、手の感覚が鈍くなっている方が多いようです。
その場合、予備練習としてボディソニック風のベッドに触っていてもらうと活性化します(スピーカーの箱などでもよいです)。
下の関連記事にあるように、振動で触覚が活性化すると身体が緩みます。
(関連記事:ボディソニックっぽい整体ベッドの効果

触れ方に上達すると相手に触れるだけで緩められます。
逆に言うと、これができないと揉んでも引っ張っても緩めることは難しいです。
(関連記事:触れることは、コミュニケーション

筋肉が凝ったり骨格が歪んだりというのも身体の内側の感覚が鈍くなっていて傾いていることに気づかなくなってしまったため、と考えています。
当院の施術では触れるときに意識のコントロールをすることで受け手の方の感覚を活性化させて緩めています。
(単に弱く触ればよいというものでもありません)。
ゆっくりソフトに動かしているのに緩むので不思議がられることがありますが、雑に動かすと防御反応が起こり緩まないのです。

寝相がいいと腰痛になる?

寝相NHKのためしてガッテン「解禁!腰痛患者の8割が改善する最新メソッド」の冒頭で腰痛対策グッズを紹介していました。
脚を固定してひっくり返る逆ぶら下がり健康器は面白そうです。
ネットで調べると2万円以下で買えるようです。
膝が伸びないのを除けば公園の鉄棒でもいいと思いますが。

本題は「寝相がいい人、つまり寝返りをうたない人は腰痛になりやすい」という話でした。
スタッフが棺桶みたいな箱に入って寝返りをうてない状態で寝ると、一晩でかなりひどい腰痛になってしまいました。
寝るときには内臓の重さなどの負担が腰にかかり、血流が低下してしまうのが原因です。

寝返りを増やすにはどうすればいいのか、というと大胸筋や大腿四頭筋(太もも前側の筋肉)などを緩めればよいということです。

それらの筋肉を緩めるためにストレッチが紹介されました。
最新メソッドってストレッチか…と思われたかもしれませんが、寝返りに注目して腰以外の部分にアプローチするのが新しいようです。

また、柔らかすぎる寝具や高さが合わない枕を使うと寝返りをうちにくくなるので腰痛の原因になるとのことです。

私の施術経験でも腰痛がある人は他の部分も固いです。
ストレッチも効果があると思いますが、動かしながら緩めた方が早いし負担も少ないと思います。

そもそもの原因は筋肉が硬くなるような姿勢にありますので、当院では施術後に筋力をなるべく使わない楽な立ち方、座り方をお伝えしています。
また、心身楽道の講座ではそれらのワークを集中的に行います。

症例ブログ:腕のしびれ

腕のしびれ70台男性のSさんは肩が挙がらないのと腕のしびれで来院されました。
初回から肩の可動域が改善しだして、3回目くらいでしびれはほとんど無くなったそうです。

腕のしびれというと頚椎だけが原因と思う方が多いようですが、鎖骨の周りも固くなっているケースが多いです。
本来は鎖骨から腕が動くのですが、鎖骨を固めたまま腕を動かしている人がほとんどです。

腕が非常にだるい、と来られた方が鎖骨周りを緩めたら劇的に楽になった、ということもありました。
結構重要な所なのですが、あまり鎖骨周りを丁寧に施術する整体院は無いようです。

症例ブログ 手首痛

手首50台女性のNさんは手首痛で来院されました。
仕事での作業が原因ではないか、とのことです。
触ってみると極端に可動域が狭まっています。
このような場合でも丁寧に骨を動かしているとだんだん緩んできます。
3回くらいでほとんど痛みは無くなりました。

手首にはほとんど触らない治療家が多いようですが、逆に、手首の調整で全身を改善できるという方もいます。
当院でも主訴が腰痛など、一見手首に関係なさそうでも手首の調整を行います。
体内の感覚がつながってくると一箇所の動きにも全身が関連していることが感じられてきます。

PCやスマートフォンの使用時間が長くなっているためか、自覚はなくても手首が固くなっている方が非常に多いです。
軽く手根骨(手首のところの骨)に触れながら手を振るくらいでもいいので、時々は手首を動かすようにすると予防になります。