サイト修正のお知らせ

整体院のサイトを修正しました。 Googleから「スマホだと字が小さくて見えない(意訳)」というご指摘がありました。
自分のスマホだとそんなに小さくないのですが、横幅801ピクセル以上だとPC画面と認識してサイドメニューがつく設定になっていました。
最新のミドルレンジ以上の機種では1000ピクセル以上の画面が多いようです。 iPhoneXSでは1242ピクセルなので、1250ピクセル以上でサイドメニューがつくように変更しました。
PC上では切り替えができているようですが、横幅801ピクセル以上のスマホが無いので確認は取れていません。
ついでにいくつか記述の更新を行っています。

心身楽道サイト移転のお知らせ

心身楽道のサイトを移転しました。
当分の間は旧サイトからは自動で転送されます。
(旧)http://kn-beauty.com
(新)http://qi-heal.com

以前Googleから「カバレッジの問題」という警告が来て心身楽道で検索しても表示されなくなりました。
対策してエラーは出なくなったのですが、依然として検索しても表示されないようなので移転しました(5月4日追記:表示されるようになりました)。

身体の性能を上げる呼吸法

拙著「健康法の極意」シリーズで気を通す呼吸法を紹介しています。
健康法として紹介していますが、気を通した直後は武道や整体の達人のようになっています。
たとえば、相手に腕を握られても簡単に動かせます。このとき、可動域も改善しています。

これは相手を緩ませて無力化できている状態です。
通常は身体操作や接触面の微妙な操作などによって実現されますが、相当の練習が必要になります。
呼吸法によって気が通っていると一時的ではありますが同様のことができます。

身体の性能を上げる整体 押圧における手指の使い方

リラクゼーションサロンにお勤めの受講生さんがいらっしゃいます。
研修中からすでに腰や指を痛めてしまう方が多いようです。
講師の方は「痛みに耐えるのがプロだ」と言われるそうですが、術者が身体を痛めるような施術は受け手にとっても苦痛です。

ほとんどの人が体重で圧すように習います。
腕の力で圧すよりはマシですが、力みが生じるため受け手が緊張し、術者の身体にもダメージを与えてしまいます。
腰を痛めるのは受け手から返ってきた力を腰で受けてしまうためです。
受け手から返ってきた力を地面に流して重心を下げることにより圧すと緩む効果が出やすく、術者も疲れません。
これについては以前解説したと思いますので、今回は指の使い方について見ていきます。

ほとんどの人が指を反らして圧しています。
「当たる面積が広いので気持ちいい」と教えられます。
一見理にかなっていますが、指が力むので受け手も緊張してしまいます。
当然ながら術者には大きい負担がかかります。
最も力みが無くなるのは屈筋側および伸筋側の緊張が最小限になっているときです。
このときは爪の先が対象に直角に当たっています。
気の感覚がある方はこれだけで気が通っていることが分かります。

さらに、母指だけで圧すのではなく四指で支えるように圧すと負担が減ります。
四指と母指にかかる圧を同じにすると気が通ります。
気が通っているとどこまでも圧が入っていくような感覚が生じいます。

圧が偏っていると気が通らなず緩まないので施術効果は出ず、単なる物理的刺激になってしまいます。
爪の先が当たりやすいので短く切っておく必要があります。

動画では指のセルフケアも紹介しています。
螺旋方向を意識しながら軽く引っ張っていき、抵抗を感じたら力みを抜くと気が通ります。
以前ご紹介した牽引の要領です。
関節の音が鳴るように引っ張ったり指の筋トレ?をする方もいるようですが、力むようなことをすると逆効果になります。

「エネルギーTV」出演者募集

動画講座「エネルギーTV」で出演者を募集しています。
出演者の方には無料で講習いたします。

・気を使って手技の効果を出せるようにしたい
・スポーツや武道に役立つ身体操作を学びたい
・健康法として気功を習ってみたい
などどんな理由でもよいのでご応募お待ちしています。
詳細は昨日の記事の最後をご参照ください。

清水さんが受講しに来てくださいました

タイマッサージセラピストの清水さんが受講しに来てくださいました。
気の通る圧を受けていただくと「すごい!」と感じたようです。
緩んだときの感覚や気が通る感覚をつかむことができたようで、清水さんも同じような効果を出すことができました。
ありがとうございました。

メルマガ第33回 簡単にストレスを解放する技法

メルマガ第33回が配信されました。
キネシオロジーのエモーショナル・ストレス・リリースという技法を紹介しています。
キネシオロジーには多くの技法がありますが、一番シンプルで効果も出るのでぜひ使っていただきたいと思います。
「緩みを発生させる技法」にもストレス解放効果があり、組み合わせるとさらに効果が出やすくなります。

山内先生が来てくださいました

茅ヶ崎から山内先生が来てくださいました。同じスクールの卒業生です。
ご感想をいただきました。
どうもありがとうございました。


実戦ですぐ使えるものを教えていただき、交通事故で後遺症を受けた私自身の身体も治療してくださいました。帰りは身体がフワフワで楽に帰れます! ありがとうございました!

メルマガ第32回 気を浄化する押圧の技法

メルマガ第32回が配信されました。
気を転換・浄化する押圧技法について解説しています。
特長としては以下の点があります。
・全身だけでなく精神に効果が及ぶ
・可動域だけでなく力の出方が改善する
・受け手は痛くなく、術者は疲れない
この技法は身体操法、意識や想念のコントロールといった要素の集大成となっています。
禅指圧の増永先生やタオ指圧の遠藤先生先人方が手技を単なるテクニックではなく精神性を高める「道」の域にまで高めてくださったのです。

お土産いただきました

受講生のOさんから「目黒のさんま」というお菓子をいただきました。ありがとうございます。
膝痛がどこに行っても治らなかったので、身体の使い方から見直そうと思われたそうです。特に歩き方によって膝への負担が大きく変わるので、楽な歩き方をマスターしていただきたいと思います。