気を通す技法

拙著「健康法の極意2」でご紹介している「力を抜いて気を通す」技法を受講生さんにやっていただきました。

1.腕を伸ばした状態から押す
この状態では腕の力は使えません。地面を蹴ったり体重をかけたりすると相手も力むため動かせません。
力を抜いて身体が連動すると気が通って相手が動きます。

2.相手を緩める
気が通ったときは力で押したときと異なり、可動域が広がるなど受け手の身体がリラックスします。
手技も本当は気で行わなければならないのです。

気功を何年かやっていてもできない方が多いですが、心身楽道では数回の講習でできるようにお伝えしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.