真仙明著「ゲームの極意が武術の秘伝」

以前講習会に参加させていただいた真仙明氏が新刊「ゲームの極意が武術の秘伝」を出版されます(10月31日発売)。
無料で2章まで公開されています。
公開されている範囲だけでも普通の武道書より役立つと思います。

真仙明氏は元ゲーマーというユニークな武道家です。
あるゲームで世界トップ10に入るくらいまでいきました。
ゲームの上達の方法論を武道に適用して極めて速く達人レベルに達しました。

武道では突きが当たるとか相手を投げられるとかの大雑把な基準はありますが、できないときにどこが悪いか、という検証方法はほとんどありません。
真仙明氏は検証方法を考えて、それをクリアできるように考えながら練習していきました。
検証方法さえ分かれば、あとはゲームの攻略と同じように検証を繰り返せばよいというわけです。

検証してみると、型どおりに突くと絶対に当たらないなどの発見がありました。
言われたとおりにただ型を繰り返しているのとでは上達速度が全く変わってくるわけです。

相手を投げられるという大雑把な基準すら曖昧になってしまうこともあります。
私がある教室に行ったときに生徒さん同士で投げあっていたのですが、私が受けてみると技がかかりません。
生徒さんたちは年単位で習っているのですが、先生以外は誰もできていませんでした。

どうも受ける側が忖度して倒れてあげるのが普通になっていたようです。
勉強でいうと間違っているのに正解にされたようなものです。
悪いクセがついてしまうので、やらない方がマシです。

手技療法においても痛みが取れたとか可動域が改善したという基準はありますが、動作の一つ一つを検証するという教え方をする人はほとんどいないようです。

先日のメルマガで筋反射テストなどで動作の一つ一つを検証すると良い、と述べました。
心身楽道ではこのやり方でお伝えしています。
これは真仙氏の提唱する上達法と共通しています。

検証してみると、一般に教えられている体重で押したり、体重移動で操作する方法では力みが生じて受け手にダメージを与えます。
これではいくら練習しても上達しないわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.