本当は難しい効果的なストレッチ

ストレッチは健康法の一つとして人気があり、書店に行くと多くの本が並んでいます。

痛気持ちいいのを体によいと思って行っている人が多いようですが、やり方を間違えると健康に悪いということはあまり知られていません。

知人がヨガスタジオのインストラクターになったらヒザを痛めてしまいました。
周りのインストラクターも同様の理由で辞めてしまう方が多いそうです。
そのスタジオの研修で教えているという動きは理にかなっていないと思われるものがありました。

理にかなった動きとはどのような動きでしょうか?
基本的には関節本来の動きに従えばいいのですが、できていない人がほとんどです。

たとえば、膝を胸に近づけるという股関節の屈曲動作を例に取ると、膝をまっすぐ上に挙げる人が多いです。
これは関節本来の動きではなく、理にかなっていないため逆効果になります。

大腿骨頭は骨盤に対して斜めにはまっているため、膝をやや内側に向けて、かつ少し内捻りしながら屈曲するのが関節本来の動きになります。

また、力を抜くことでストレッチすると、より効果を上げられます。
たとえば、腕を伸ばすときは限界から更に力を入れるよりも、肘の力を抜いたほうが伸びることが分かると思います。
このとき身体の連動性が上がるので、心身楽道では「連動ストレッチ」と呼んでいます。

他人にストレッチする場合は、理にかなった身体操法でストレッチする必要があります。
ほとんどの人が体重移動を使っていますが、これは身体に緊張を生じさせるため、受け手も緊張させてしまいます。
術者自身の重心を下げることで操作する必要があります。
体重移動を使って施術する人が動画を見ると、術者が体重移動を使っていないため違和感を感じるかもしれません。

他人に連動ストレッチをする場合は、氣を使えないとできません。
武道でいう発勁の原理を使います。
具体的な技法は「健康法の極意4」で公開しています。

ここでは股関節の屈曲について、ストレッチのやり方による効果の違いを動画で示します。

次の3つのやり方を比較しています。

A.膝を真っ直ぐ挙げる
B.股関節本来の動きで挙げる
C.氣を使ってBを行う(連動ストレッチ)

これらについて以下の評価も行っています。
・ストレッチ後の脚の重さ
・ストレッチ後にももを挙げて力が入るか

Aのやり方だと、脚が重くなってしまいました。
関節本来の動きではないため、緊張が生じたため効果はマイナスになります。

Bのやり方だと脚が軽くなる効果はありましたが、ももを挙げて力が入るという効果はありませんでした。

Cのやり方だと膝を挙げるときに、限界を超えて動く感覚があります。
さらに脚が軽くなり、ももを挙げるときに力が入るようになりました。
これは身体の動きの連動性が上がった効果です。

見た目はあまり違いがないですが、微妙な角度や体の使い方の違いで効果が大幅に異なることがお分かりいただけたと思います。

効果のあるストレッチができる人はどれくらいいるのでしょうか?
ネットで股関節のストレッチを教えている人を見ると、私の見た限りでは膝をまっすぐ挙げるように説明している人がほとんどでした。
健康法のつもりで、体に悪いことを教えているのです。

他人にストレッチするセラピストも同様で、ほとんどの人が身体に悪いストレッチを行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.