合気の目 視線で相手に氣を通し、力を抜く

以前の記事で、手から相手に氣を通して力を抜く技法について紹介しました。

視線を使って相手に氣を通して力を抜くこともできます。
視覚は触覚と似ているところがあり、じっと見られていると何かに触られたような感じがしたりします。

氣を通す技法を使うと、受け手の力が一時的に抜けます。
受け手が氣に敏感なら身体に何かを通された感覚が分かります。
氣を通す側にも氣が相手に通ると同時に自分の目に逆流してくるようなちょっと不思議な感覚が生じます。
このとき、視野が広がって相手の動きが見えやすくなるという効果もあります。

この視線を使った技法については拙著「健康法の極意2」で解説しています。
武道や格闘技の試合でうまく使えれば有利になります。

なお、心身楽堂では「合気」という言葉は氣を通すことによって相手の力を抜くことを指しています。
これは施術にも武道にも使うことができます。

合気を物理的な技として研究している方もいるようですが、ある程度は技が再現できても限界があると思われます。
また、施術には応用しにくいです。

(2018.12.4追記 動画の改訂版をアップしました)。

合気の目 視線で相手に氣を通し、力を抜く」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.