気功に対する誤解

前々回の記事を見た方から、1月のTV番組「マツコ&有吉 かりそめ天国」でドランクドラゴンの鈴木拓さんが「相手が誰でも気で飛ばせる」と豪語する気功師と対決した、と教えていただきました。
この気功師さんは日本で初めて気功道場を開いた方だそうで、2006年にも気功治療家としてテレビに出たことがあるようです。
一方の鈴木さんはグレーシー柔術を23年続けているそうです。

気功師が弟子の方を飛ばすデモを見せた後、鈴木さんに5分間気を入れる動作をしました。
そのあと10分間気を送っている動作をしたのですが、鈴木さんはほとんど動きませんでした。
アシスタントプロデューサーの女性はちょっとだけのけぞりました。

Twitterで部分的に動画が上げられています。
ネットでは以下のようなコメントが見られました。

1「気功は催眠みたいなもの」
2「強力な思い込みなのかな」
3「気功って受けとる側も気を感じてないと効かないものらしい」
4「動いたのは手を近づけた反射でのけぞっているだけ」

これらについてコメントすると以下のようになります。

1.別の技法です。
2.感じる人ははっきり感じるので思い込みではありません。
「気は思い込みだ」と思いこんでいる人は感じにくいというジレンマがあります。
3.正しいです。気を感じるには緩んでいる必要があり、力んでいる人は感じません。
4.今回の場合はかなり近くから手を払う動作をしていたので当てはまっているかもしれません。
動く時はほとんど手を動かさなくても動くので反射では説明がつきません。

気についてなかなか正しい情報が広がらないのは、未だに「人を飛ばすのが気功」というイメージで扱われていたり、見る側がヤラセを疑ってしまうということもありますが、誰でも気を有効利用できるメソッドが無かったという問題もあります。

気功を何年か習っていても使えるようになっている人は少ないです。
気功を教えるところは気功っぽい体操教室になってしまっている所が多いように見受けられます。

心身楽道では誰でもできるようにいきなり極意を教えるので、早ければ一日で気で相手を動かしたりできるようになります。
動かすこと自体は気が使える目安でしかありませんが、それができれば手技療法や武道に応用できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.