大学教授の方が拙著を高く評価

菅原晴さんという方が「健康法の極意シリーズ」を少し前にTwitterで高く評価してくださっていました。
菅原さんは大学教授でエネルギーワークもされている方のようです。
武道の本やDVDを相当見られている方に評価していただき、ありがたく思います。

※三部作となっていますが、施術家向けの本と美容への応用を含めると5冊あります。
施術家向けの本が著書リストに入っていなかったので先ほど入れました。

以下引用させていただきます(一部修正しています)。


やはり今いちばん面白いのは、身体を入口として深い世界にいたるアプローチ。
それで武道なんかも研究しているが、則本純佑て人のKindle本三部作はよかったわね。
特に第二作の「武道に学ぶ」に興味をひかれるが、三作とも読み、実践する価値あり。


則本氏『武道に学ぶ』は、中国武術で言う「勁」をいちばんはっきりと説明しているものだった。
スコット・メレディスも、気が足に行って跳ね返ることは言っているのだが、彼の場合それが気の感覚というだけで武術的応用まで結びついていない。


則本氏の三冊、これは良書だ。このワークは取り組むに値する。


今日は則本氏の『武道に学ぶ』にあるワークをいろいろ練習した。
気を通して力を抜くと、足から気が出るが、地面で跳ね返って足にまた入ってきた氣を各所に誘導していく、というようなものである。


則本氏のワークで、勁というものが下から来るのがわかるようになってきた。
スコット・メレディスが言っていたのもこれか。


今日も身体操作や気について研究。
則本氏『武道に学ぶ』の練習をしてみたり、日野晃氏の『武道の解答』DVDを見直したり、いろいろ。
則本氏は武道の原則をわかりやすくまとめてくれている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.