筋トレせずにパワーアップ(腰の回旋)

以前、背骨を中心に回旋することを意識することで可動域が向上するというワークをご紹介しました。
(参考記事:「ストレッチより身体を柔らかくする(腰の回旋)」)

このワークを行うと力も出やすくなります。
正確には普段は本来の動きをしていないために力を大幅にロスしていたのが、本来の動きをすることでロスが無くなります。

やり方は上述の記事と同じで、背中とお腹を手で挟んで背骨を中心に回すだけです。
つまり、これだけで可動域が向上してパフォーマンスが上がることになります。
特に身体の回旋を多用する野球やゴルフのようなスポーツや武道に効果があります。

このように可動域とパフォーマンスが両方上がるのが本来ですが、スポーツの世界では「試合の前にストレッチするとパフォーマンスが落ちる」という説が最近広まっているようです。
クロアチアのザグレプ大学の「45秒以上同じ筋肉をストレッチすると筋力、瞬発力が低下した」という研究結果が元になっています(参考記事:エキサイトニュース)。

実はこれはストレッチのやり方次第で、ほとんどの人はパフォーマンスが落ちるようなストレッチをしていますが、パフォーマンスが上がるストレッチのやり方もあります。
なお、「ラジオ体操のような動的ストレッチならいい」という説もありますが、それとは別の話です。

気功健康法教室 心身楽道では本来の動きをインプットするワークやパフォーマンスを上げるストレッチのやり方をお伝えしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.