ハンドパワー、遠隔治療の秘密

以前「しくじり先生」でMr.マリックが「ハンドパワーはウソだった」と告白して話題になりました。
今でこそ「知ってた」と言われそうですが、テレビに出始めの頃は「超魔術」という超能力と紛らわしい演出だったため、詐欺師呼ばわりされたこともあったそうです。
それくらいマリックさんのレベルは当時としては飛び抜けていた、ということでもあります。

マリックさんでも離れた場所に物理的な作用を及ぼすことはできませんが、気の世界では人は無意識に作用しあっています。
作用としては「緊張させるか、リラックスさせるか」のどちらかです。
リラックスすると姿勢が安定するなど健康にプラスの効果があります。

触れずにリラックスさせる実験をしてみました。
あぐらで座っている人を横から押すと普通は簡単に倒れます。
これを少し離れた所から、倒れないようにしてみます。
ハンドパワーっぽいです(笑)。

遠藤喨及氏が体系化した「気のワーク」では利他的な想いを持つとリラックスして身体が安定することを体験します(参考図書:「気心道」)。
原理はこれと同じです。

リラックスというと背もたれに寄りかかってダラ~としているのを思い浮かべるかもしれませんが、芯はしっかりしていて他は力が抜けている状態です。
動画のように横から押しても倒れないというのがリラックスしている目安になります。

リラックスさせると骨格も整うので、一見すると触らずに骨を動かしたりしたように見えます。
私も以前遠隔治療に関する記事を書いて実演しています。
触れない治療は知らないと不思議に感じますが、原理は実は「リラックスさせる」ことです。

治療においては受け手をリラックスさせられることがテクニック以前の基本になりますが、ほとんどの施術家はそれ以前に自分自身がリラックスできていません。
施術者が緊張していると、受け手にはダメージを与えてしまいます。

触れない治療よりも触れたり圧したりする方が効果が大きいのですが、緊張させてしまった時のダメージも大きくなります。
従って、触れない<触れる<圧す、といった順に難しくなります。

マッサージは簡単だと考えている人が多いのか、チェーン店だと未経験者を2週間だけ研修してお客さんにつかせるところが多いです。
そんな素人の施術でもある程度は気持ちよく感じるのは、一旦痛みを感じてそれから解放された時の気持ちよさを感じるためです。
ベテランならいいかというと、何年やっていてもリラックスさせられる原理を知らないと治療効果を出せるようにはなりません。

リラックスは治療に限らず歌唱などの発声や楽器演奏、ダンスなどの表現においても重要です。
本人が緊張していると、見たり聞いたりしている側は無意識に不快感を感じます。

リラックスさせるための原理やメソッドは専門家にもほとんど知られていません。
ご興味のある方は心身楽道までお問い合わせ下さい。
リラックスさせるのはもちろん、次のステップである癒しの気を満たす段階まで短期間でマスターできるようにプログラムしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.