ストレッチより身体を柔らかくする(腰の回旋) 

前回体軸について書きましたが、背骨を意識して回旋することで可動域が向上します。

動画の前半は首の可動域を改善したのと同じやり方です。
回すときに少し側屈の動きが入る本来の動きがインプットされます。
だんだん手が押される力が強くなることがわかると思います。
数回行うと可動域が向上しています。

後半は背骨を中心に回旋することを意識することで可動域が向上しています。
腰椎は体の中心より少し後ろにあります(だいたいお腹側2:背中側1の位置)。
手で身体を挟んでいるのはそのほうがどこを中心に回しているか意識しやすくするためです。
内側をより感じるようになるトレーニングも治療家向けの講座ではお伝えしています。
本来の動きをインプットすることで可動域が向上し、力も出やすくなります。

もちろん両方行ってもよいし、そのほうが効果がでます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.