施術の極意:ソフトで深い圧とは

昔、タイでタイマッサージを習っていた時に、「◯◯さんの圧はソフトなのに深くて、とても上手だ」というような話を聞いたのが印象に残っています。
その方の施術を受ける機会は無く、またスクールでは「もっと強く圧して」という先生が多かったためか「ソフトで深いというのは矛盾しているのでは?」と思っていました。

その後、日本でタオ指圧を習うことになり、そのなかにソフトかつ深い圧を実現するヒントというか極意がありました。
以下のような身体の使い方で圧していきます。
・指には力を入れない
・体重を載せるのではなく、丹田を下げることにより圧す
・圧しているようで受け身になっている

受けてみると普通の体重圧とは異なり、ぶつかった感覚が無く深く圧が入ってきます。
また、響きという気が流れた感覚が出ます。
術者もこの圧し方だと指を痛めることはほぼありません。

手首や指を痛めないようにという理由で肘や膝を使うように施術したり、そのように教えている人もいますが、体重をかける圧し方では結局自分の身体にも受け手の身体にも負担をかけてしまいます。
(参考記事:整体・マッサージの良し悪しの見分け方(圧し方)

身体を足で踏む施術もありますが、これも体重で圧している人がほとんどなのに加えて、足の裏からは邪気が出ていますのでお勧めできません。

さらに言うと身体の使い方ができているだけでは十分な施術効果を出すことはできません。
タオ指圧では圧しながら受け手の痛みに共感していくのですが、圧の深さに応じて術者も深く痛みを感じます。
そこで痛みから逃げると受け手に不快感、ダメージを与えてしまいます。
タオ指圧ではそのために精神的修行が必須になっています。

当院で行っている気功教室「心身楽道」でも自分の身体を痛めず、施術効果を出せる圧し方を分かりやすく講習しています。
ご興味がありましたらお気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.