整体・マッサージの良し悪しの見分け方(触れ方編)

整体やマッサージ(リラクゼーション、ほぐし)のお店が多くありますが、良い整体師やセラピストを見つけるにはどうすればよいでしょうか。

このブログで何度か書いていますが、テクニック以前に触れ方で受け手が緊張したりリラックスしたりします。
そこで、まず触れ方ができているかの目安を示したいと思います。

やり方は簡単で、指で爪に触れて動かしてもらうと普通は滑ってしまいますが、触れ方ができていると滑りにくくなります。
動画では爪に触れただけで肩の可動域が変わったことも示しています。

触れ方には角度などテクニック的な要素もありますが、むしろ心理的な要素が強いです。
具体的には「相手の状態を感じているかどうか」がポイントです。

現代人は相手の状態を感じるのが苦手で探るように触れる人が多いのですが、これは緊張感をもたらします。

触れるというのは単に物理的な現象だけではなく、非言語コミュニケーションでもあります。

悩みを聞いてもらう時に「うんうん、そうだよね」と共感してもらうと癒されますが、「それは◯◯障害の可能性があるね」などと分析されてしまうと逆にダメージを受けてしまいます。

極端な喩えに聞こえるかもしれませんが、整体のセミナーや教材では探るような触れ方を教えているケースがほとんどです。
(私の知る範囲での例外はタオ指圧くらいです)。
したがって気遣うような触れ方をできる人はごく少数です。

触れて緩められないというのはテクニック以前の問題なので、触れ方ができていない人に施術を受けても改善は見込めないでしょう。

実際にお店で施術者をテストするようなことは難しいと思いますが、慣れると触られた瞬間に分かります。

触れ方は非常に深いのですが、原理はシンプルなので、施術未経験の人でも数時間講習を受けていただくとかなりの程度まで上達します。

整体だけでなく、武道、ダンスや道具の使い方など多くの分野で触り方は重要な要素ですので、ご興味のある方は受講をお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.