身体の動きをシンクロさせる

治療でも武道でも一箇所の動きが全身の動きの結果として起こる時に効果が得られます。
私の学んでいるタオ指圧/気心道では全身を同時に動かすことをシンクロといい、その時に気が出ることを明らかにしています。
身体を一つにして使う、とか統一体と呼ぶこともあります。
できていないと逆効果になることもあるのですが、治療家で出来ている人はあまりいません。
そもそも普通はそこまで教えないようですし、知っていてもできるとは限りません。

たとえば腕を地面に伸ばした後に力を抜くと、反動で腕が上がってきますが、このときは身体が勝手に動くような感覚になります。
このときは力が抜けてシンクロした動きになっているので他の人が邪魔をしようとしても止められません。
なお、無意識に力みがあると途中で止まったりします。

これはあくまでも練習方法で、実際には反動を使わなくてもシンクロさせて身体を動かせるようにしておく必要があります。

当院で行っている気功/整体教室 心身楽道では健康や施術の極意を少人数でお伝えしています。最近治療家以外の方のお問い合わせ、ご参加も少しずつ増えてきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.