カテゴリー別アーカイブ: 心身楽道

ハンドパワー、遠隔治療の秘密

以前「しくじり先生」でMr.マリックが「ハンドパワーはウソだった」と告白して話題になりました。
今でこそ「知ってた」と言われそうですが、テレビに出始めの頃は「超魔術」という超能力と紛らわしい演出だったため、詐欺師呼ばわりされたこともあったそうです。
それくらいマリックさんのレベルは当時としては飛び抜けていた、ということでもあります。

マリックさんでも離れた場所に物理的な作用を及ぼすことはできませんが、気の世界では人は無意識に作用しあっています。
作用としては「緊張させるか、リラックスさせるか」のどちらかです。
リラックスすると姿勢が安定するなど健康にプラスの効果があります。

触れずにリラックスさせる実験をしてみました。
あぐらで座っている人を横から押すと普通は簡単に倒れます。
これを少し離れた所から、倒れないようにしてみます。
ハンドパワーっぽいです(笑)。

遠藤喨及氏が体系化した「気のワーク」では利他的な想いを持つとリラックスして身体が安定することを体験します(参考図書:「気心道」)。
原理はこれと同じです。

リラックスというと背もたれに寄りかかってダラ~としているのを思い浮かべるかもしれませんが、芯はしっかりしていて他は力が抜けている状態です。
動画のように横から押しても倒れないというのがリラックスしている目安になります。

リラックスさせると骨格も整うので、一見すると触らずに骨を動かしたりしたように見えます。
私も以前遠隔治療に関する記事を書いて実演しています。
触れない治療は知らないと不思議に感じますが、原理は実は「リラックスさせる」ことです。

治療においては受け手をリラックスさせられることがテクニック以前の基本になりますが、ほとんどの施術家はそれ以前に自分自身がリラックスできていません。
施術者が緊張していると、受け手にはダメージを与えてしまいます。

触れない治療よりも触れたり圧したりする方が効果が大きいのですが、緊張させてしまった時のダメージも大きくなります。
従って、触れない<触れる<圧す、といった順に難しくなります。

マッサージは簡単だと考えている人が多いのか、チェーン店だと未経験者を2週間だけ研修してお客さんにつかせるところが多いです。
そんな素人の施術でもある程度は気持ちよく感じるのは、一旦痛みを感じてそれから解放された時の気持ちよさを感じるためです。
ベテランならいいかというと、何年やっていてもリラックスさせられる原理を知らないと治療効果を出せるようにはなりません。

リラックスは治療に限らず歌唱などの発声や楽器演奏、ダンスなどの表現においても重要です。
本人が緊張していると、見たり聞いたりしている側は無意識に不快感を感じます。

リラックスさせるための原理やメソッドは専門家にもほとんど知られていません。
ご興味のある方は心身楽道までお問い合わせ下さい。
リラックスさせるのはもちろん、次のステップである癒しの気を満たす段階まで短期間でマスターできるようにプログラムしています。

筋トレせずに力を強くする(動きの中心を意識する)

心身楽道(気功・整体教室)では関節の本来の動きをインプットする、というワークを行います。
普段の動きと本来の動きでの力の出方の違いに驚かれる方が多いです。
本来の動きができていないと力が出にくくなり、長期的には不調や故障につながってしまいます。

今回は動きの中心を意識すると力が強くなる、というワークを紹介します。
心身楽道では腰仙関節(背骨と骨盤の間、図を参照してください)を動きの中心と見なします。
その付近を触りながら動かすことで動きの中心の感覚が出ます。
「丹田」を意識しても同じような効果がでますが、解剖学的な部位ではないので分かりにくいと思います。

前回、背骨を中心に回すというワークを紹介しましたが、今回も背骨を中心に回します。
さらに前後屈、側屈も少し行います。
これらの運動は腰仙関節を意識すると力が出やすくなります。
なお、上半身も背骨だけ動いているわけでなく、股関節なども大きく関わっています。

健康番組を見ていると「筋肉に負荷をかけて鍛えよう」という健康法が多いですが、本来の動きをインプットしようというメソッドは見たことがありません。
トレーナーのなかには「マシンでの筋トレはあまり意味が無い」という人もいますが少数派のようです。
マシンによる筋トレは関節本来の動きを考慮しておらず、健康に良いといえるものはほとんどありません。

本当の健康法を学びたいという方は心身楽道までお問い合わせお待ちしております。

ストレッチより身体を柔らかくする(腰の回旋) 

前回体軸について書きましたが、背骨を意識して回旋することで可動域が向上します。

動画の前半は首の可動域を改善したのと同じやり方です。
回すときに少し側屈の動きが入る本来の動きがインプットされます。
だんだん手が押される力が強くなることがわかると思います。
数回行うと可動域が向上しています。

後半は背骨を中心に回旋することを意識することで可動域が向上しています。
腰椎は体の中心より少し後ろにあります(だいたいお腹側2:背中側1の位置)。
手で身体を挟んでいるのはそのほうがどこを中心に回しているか意識しやすくするためです。
内側をより感じるようになるトレーニングも治療家向けの講座ではお伝えしています。
本来の動きをインプットすることで可動域が向上し、力も出やすくなります。

もちろん両方行ってもよいし、そのほうが効果がでます。

体軸感覚は自分で養える

最近、トレーナーが身体に触れて体軸を整えるというテクニックの話を聞きました。
調べてみるとかなり高価ですが、比較的長期間にわたって効果が保つそうです。

体軸を整えるテクニックも良いところがあると思いますが、本来は自分で体軸感覚を養成していくべき、というのは異論が無いところだと思います。
自分で体軸感覚を養成するには身体感覚に注意を向けて練習をするしかありません。

そもそも体軸というのが何なのかは人によって定義が違っていたりします。
体軸に関する著書も多い高岡英夫氏は身体の中心を貫く真っ直ぐな仮想の線である「センター」を体軸としています。
著書の中で内踝の下の「ウナ」というポイントを刺激するトレーニング方法を紹介されています。
これを行うと地面から力が体の中を上がっていく感覚があります。
(地面反力といって地面を踏んだときの反作用で上がってくる力)

センターは肉体の外部を通ったりするので完全に意識するのは難しいのではないかと思います。
また、土踏まずの一点に意識を集中するというのは不自然な感じがします。

中島章夫氏は体軸という言葉は使っておらず「骨を骨なりに積み上げて立つ」という言葉を使っています。
骨の感覚は普段意識できないかもしれませんが、慣れてくると骨なりに立てているか分かるようになってきます。

回旋動作も背骨を中心に行われるので、個人的には骨なりに立ったときに地面反力が通る経路である背骨を体軸と見なしたほうが感覚的に分かりやすいのではないかと思います。
高岡氏のセンターとは異なっていますが、要は軸の感覚があって効果が出ればいいわけです。
骨なりに立てていない人はどこかで力んでいるので、体軸をどうこう言っても意味がありません。

足への体重のかけ方について、中島氏は「足の接地する部分に均等に体重がかかる」と書いていますが、別のところでは足の甲の中心に体重を載せる前重心を推奨しています。
この二つが同じかどうかはちょっとはっきりしません。

気功や仙道を日本や欧米に紹介した謝明徳氏は足の接地面に均等に体重を載せることを「根づき」と呼んで重要視していました(参考図書:「鉄布衫功」)。
参考図書には根づきを達成するための方法は詳しく書かれていません。
根づきができると浮いたような感覚になるので「浮き身」と呼ぶこともあります。
さらに、余計な力みは抜けて骨なりに立っている状態になります。

河野智聖氏は身体をこする操作によって「浮き身」に近づける手法を紹介しています。

まとめると、
・高岡氏:足裏の「ウナ」を意識して、「センター」を作るメソッドを紹介した。
・中島氏:「骨なりに立つ」、「足の裏に均等に体重を載せる」ことについて言及している。
・謝氏、河野氏:足の裏に均等に体重を載せる浮き身/根づきについて言及している。
・浮き身、根づきができると骨なりに立てるが、自分で調整する方法は記述が見つからない。

心身楽道では他のメソッドを応用して浮き身/根づきの練習法を開発しました。
地面反力を頭に通す感覚を養成した後に、前後、内外のバランスを取ることで根づき/浮き身を習得していただいています。

1)踵の中心を刺激して地面反力を頭に通す感覚を養成します。
踵の中心を刺激するのは「ウナ」よりも地面反力が伝わる感覚が分かりやすいためです。
ただし、踵重心になっているため若干不安定です(右図の左)。

2)1の状態を維持したまま前後、内外の方向で正確にバランスを取ると、重みが下に抜けると同時に身体が浮くような感覚が得られます。つまり、浮き身/根づきの状態になります。
このときは後ろ側に荷重がかかっても安定しています(図の右)。

正確にバランスを取るところがちょっと難しいのですが、直接お伝えした場合はほとんどの人はその場でできるようになります。
さらに2~3週間練習を続けていると瞬間的に浮き身/根づきの状態にできるようになります。
詳しくは心身楽道のサイトか、拙著「ヒーリング・ウォーキング」をご参照下さい。

私の行っている施術では受け手の方の「気の状態」を良くしているのですが、気の状態も自分で良くすることができます。

浮き身/根づきを基礎として、螺旋の意識、身体の連動、呼吸法、心のあり方など種々の要素が含まれるので習得に時間はかかりますが、気の状態をよくできるほぼ唯一のメソッドですのでその価値は十分にあると思います。

時間がかかるといってもエッセンスを凝縮しているので70分の講習を6回で一通り学べます。他の気功教室などに比べると非常に速く上達できるシステムになっています。
ご興味のある方はお問い合わせ下さい。

ストレッチせずに上を向きやすくする(首の後屈)

スマホの普及の影響でしょうか、上を向きにくいという方がかなり多くなっています。
重症になると、うがいをするのも難しくなる方がいらっしゃいます。
正しい動きをインプットすることで、ストレッチをせずに上を向きやすくなります。
その方法をご紹介します。

上を見る時に頭だけを動かそうとする人がほとんどですが、「首の骨が動いた結果として頭が動く」のが本来の動きです。

1)上を見て、可動域を確認しておきます。
2)頭の後ろで手を組みます。
3)上を向こうとするのを自分の手で邪魔します。
4)戻る時に、よく首の骨の動きを観察します。
5)首の骨を意識してまた上を見ます。手を押す力が強くなっているはずです。
6)3~5を数回繰り返します
7)再度上を見て可動域を調べます。

最初に比べるとより上のほうが見えるようになったと思います。

ストレッチがちょっとしたブームでテレビや本でよく紹介されますが、身体に負担だけかけている人がほとんどです。

本来の動きや身体に負担をかけないストレッチにご興味のある方は心身楽道の健康気功講座をお勧めします。サイトからお問い合わせ下さい。

若さを保つには?

最近テレビ出演したB’zのボーカル稲葉さんが「老けたけど歌いだしたら急に若返った」と話題になりました。
機械学習で見た目年齢を測定してくれるサイト「How old do I look?」に画像を貼り付けてみると46歳とでました。現在53歳だそうなので、まだ実年齢より若く見えるようです。
このサイト、極端には外さないという評判のようです。

若く見えるので有名なのは「ジョジョの奇妙な冒険」で有名な漫画家の荒木飛呂彦さん。荒木
56歳当時の画像で判定してみると、なんと36歳!

漫画のことよりも若さを保つ秘けつの方をよく聞かれるそうですが「東京都の水道水で毎朝顔洗ってます」と冗談交じりに答えています。
漫画家というと徹夜のイメージがありますが、規則正しい生活を心がけていて徹夜はせず、水泳やトレーニングを欠かさないそうです。

ネットでは「荒木先生は波紋使いか?」と言われています。
波紋というのはジョジョにでてくる呼吸法で仙道の別名だそうです。
80年代当時から仙道を題材に取り入れていたのはかなりマニアックな感じです。
当時「仙道で超能力を身につける」という趣旨の本がブームになった影響があるのかもしれません。
仙道は不老不死の研究から始まり、究極的には「還虚合道」という道との合一を目指すという心身修養法で本来は超能力等はオマケです。

テレビにもよく出ている南雲医師は自らアンチエイジング法を積極的に発信しています。
もとは老け顔、メタボだったそうです。Wikipediaに貼ってある黒縁メガネにヒゲの写真は30歳の頃のものですが、サイトでは43歳と判定されました。
ダイエットに取り組んで15kg減量、アンチエイジングに成功したそうです。

画像は55歳の頃のテレビ出演時のもので45歳と判定されています。
56歳当時で脳年齢36歳、血管年齢26歳だそうで健康も維持されているようです。

アンチエイジングの本もたくさん出されていますが、一日一食というのがポイントのようです。
健康法については「やや独特で誰にでも当てはまるものではない」という評価が多いようです。

動物ではカロリー制限すると寿命が伸びるという研究がありますが、人間の場合はあまり痩せている人は逆に短命になるという研究もあります。


では最後に、自分です。
先日49歳になりましたが、サイトの判定では29歳とでました。
若く見られることが多いですが、さすがに20代はないと思います(笑)
気功をやったり教えたりしていますが、これは確実に健康、若返り効果があると思います。

美容気功の講座では見た目年齢を若返らせるメソッドもお伝えしています。
ご興味のある方は心身楽道のサイトをご参照下さい。。

ストレッチせずに首を回しやすくする

久しぶりに動画をアップしました。

可動域を広げる=ストレッチと思っていらっしゃる方が多いですが、ストレッチをしないで可動域を改善する方法です。
螺旋の動きについて当ブログで何度か書きましたが、背骨も螺旋の動きをします。
頚椎(首の骨)の場合、横に向く時は少し上に曲がる(逆側に傾く)ような螺旋の動きをします。

動画のように手で横を向くのを邪魔して、戻す時にゆっくり戻すと本来の動きがインプットされます。
自分で戻すというよりも自然に戻るのを待つという感じです。

回すときは戻ってきたときの経路を通るように少し上を向きながら回します。
その方が手に伝わる力が強くなることがわかると思います。

3回行った後に回旋してみると可動域が明らかに広がっていることが分かります。
この前にストレッチをしていますが、可動域はほとんど変わっていません。
首を真横に向ける動きは本来の動きではないため、真横に向けるストレッチはしない方が良いです。

脚の螺旋をうまく使うとあまり筋力を使わず楽に歩けるようになります(ヒーリング・ウォーキング)。
全身の螺旋の動きをインプットするとやはり筋力をあまり使わず楽に動けるようになります。
ご興味のある方は心身楽道の健康気功講座をお勧めします。サイトからお問い合わせ下さい。

E-book “Healing qi walking” was published

English edition of my first kindle book “Healing qi walking” was published.

https://www.amazon.com/dp/B075ZNXTM2

「ヒーリング・ウォーキング」の英語版”Healing qi walking”が発売になりました。

予算の都合上、翻訳は自分で行いました。
会社員の頃はわりと真面目に英語の勉強をしていてTOEIC900点以上を取ったこともあるのですが、ここ10年くらいはほぼ英語を使わなかったので、最初の頃は2行くらい訳すとギブアップしていました。
最近ようやく翻訳・編集作業を続けてもあまり苦にならなくなりました。

機械翻訳も精度が上がったようですが、用語などがちょっと特殊なせいかほとんど役に立ちませんでした。
ネット上の用例集やQ&Aにはかなり助けられました。

TOEICの目安で900以上だと「ネイティブに近い」というのがありますが、文法知識はとももかく、リスニング力、語彙力ともに全然足りない感じです。
スピーキング、ライティングになるとなおさらです。
実際のところ、TOEICの語彙レベルはそんなに高くないので、通訳のスクールではTOEIC900点はあくまでも最低ラインと見なされると聞きました。

気の出るテレビ!?「クレイジージャーニー」

前回は「ここ十数年の日本人の気の状態が悪化してきた」ということと「管楽器奏者など呼吸法ができている人は気の状態がいい」というお話でした。

以前は「芸能人にはオーラがある」と言われることもありましたが、近年は画像や動画で見る限り、アイドルと呼ばれる若い人でも気の状態は良くありません。
気は低い方に流れるという性質があるので、バラエティなどの番組を見ていると気の状態は悪化していくということになります。

気の状態を良くする番組は無いのかというと、自然や動物のドキュメンタリーがあります。
エンターテイメント性に優れているのは「クレイジージャーニー」です(TBS、木曜日11:56~)。

この番組は気の状態がいいゲストの方が多く出演しています。
ご存じの方も多いと思いますが、そうでない方のために書いておきますと、ゲストの方は希少な爬虫類を捕まえにわざわざアフリカまで行ったり、洞窟を探検するために海外に行ったり、昆虫を食べに東南アジアまで行ったりするような方々です。
アフリカや東南アジアの現地の方々も気の状態が良いです。

ゲストの方に共通しているのは本当に好きなことを楽しんでいるということです。
好きなことを仕事にしている方も多いです。
ゲストの方が「子供みたいと言われる」とおっしゃることが多いですが、そこが結構重要だと思います。
ということで「好きなことを全力で楽しむ」というのは良い気の状態を維持する一つの方法だと推測されます。

健康法として早く気の状態を良くするには当院で行っている気功教室、心身楽道の健康基本コース(5時間)をお薦めします。