カテゴリー別アーカイブ: 心身楽道

真仙明著「ゲームの極意が武術の秘伝」

以前講習会に参加させていただいた真仙明氏が新刊「ゲームの極意が武術の秘伝」を出版されます(10月31日発売)。
無料で2章まで公開されています。
公開されている範囲だけでも普通の武道書より役立つと思います。

真仙明氏は元ゲーマーというユニークな武道家です。
あるゲームで世界トップ10に入るくらいまでいきました。
ゲームの上達の方法論を武道に適用して極めて速く達人レベルに達しました。

武道では突きが当たるとか相手を投げられるとかの大雑把な基準はありますが、できないときにどこが悪いか、という検証方法はほとんどありません。
真仙明氏は検証方法を考えて、それをクリアできるように考えながら練習していきました。
検証方法さえ分かれば、あとはゲームの攻略と同じように検証を繰り返せばよいというわけです。

検証してみると、型どおりに突くと絶対に当たらないなどの発見がありました。
言われたとおりにただ型を繰り返しているのとでは上達速度が全く変わってくるわけです。

相手を投げられるという大雑把な基準すら曖昧になってしまうこともあります。
私がある教室に行ったときに生徒さん同士で投げあっていたのですが、私が受けてみると技がかかりません。
生徒さんたちは年単位で習っているのですが、先生以外は誰もできていませんでした。

どうも受ける側が忖度して倒れてあげるのが普通になっていたようです。
勉強でいうと間違っているのに正解にされたようなものです。
悪いクセがついてしまうので、やらない方がマシです。

手技療法においても痛みが取れたとか可動域が改善したという基準はありますが、動作の一つ一つを検証するという教え方をする人はほとんどいないようです。

先日のメルマガで筋反射テストなどで動作の一つ一つを検証すると良い、と述べました。
心身楽道ではこのやり方でお伝えしています。
これは真仙氏の提唱する上達法と共通しています。

検証してみると、一般に教えられている体重で押したり、体重移動で操作する方法では力みが生じて受け手にダメージを与えます。
これではいくら練習しても上達しないわけです。

メルマガ第9回配信

メルマガ第9回が配信されました。
武道では「身体を一つにして使う」ことが重要視されます。
全身の力を使うと相手に作用させやすくなります。
気功や施術でも同様です。

難しそうですが、関節本来の螺旋状の動きをインプットしていくと意外と簡単にできます。
今回は膝と足首の動きを取り上げています。

ストレッチなどで関節を単純に曲げたり反らしたりする動きは実はダメージを与えています。
施術家でも本来の動きを意識できている人は少ないのです。

水に氣を入れる

気功のデモで飲み物の味を変えるというものがあります。
口の中で味が広がって美味しさが強調される感じです。
氣が入っている飲み物を飲むと筋反射テストで力が入るようになったりします。

氣を入れると聞くと特殊な技法のように思えるかもしれませんが、気功をやっていない人でもできます。
利他的な想いを持てば癒やしの氣が出ます。
腕や手に力みがあると氣が通らないので力を抜きます。
あとは数十秒それを維持するだけです。
いかにも氣を入れていますというジェスチャーをしながら力んでいる人がいますが、何もしないほうがマシです(笑)。

氣を通す技法を使うと早く(数秒で)入れることができます(これは少し練習が必要です)。

動画のように一時的にバランスが整って力が出やすい状態になります。
スポーツ中や休憩のときは氣の入った水を飲むと良いと思います。
バーテンダーやウェイトレスの方もできるといいと思います。

氣を入れるのは誰でもできますが、体験したいという方は講習や施術のときにおっしゃってください。

メルマガ第8回

メルマガ第8回が配信されました。

受講生のUさんが「則本さんの動画が一番役に立ちます」とおっしゃっていました。
動画はともかく文章はなるべく役に立つように書いているつもりですが、イマイチ反響が無かったのでモチベーションが下がり気味でした。
Uさん、ありがとうございました。

道具に氣を通す合氣

「透明な氣を通す技法」の応用として道具に透明な氣を通すことができます。
氣を通したい方向を意識して透明な氣を透す技法を行います。
技法については執筆中の「健康法の極意5」で公開予定です。

道具の持ち方によっては氣が通らないので、手と接触する部分は均一の圧になるように注意します。

手と道具が一体化し、道具からも透明な氣が出ているような感覚になります。
慣れると道具を介しても相手に気が通った感覚などが分かるようになります。
動画では新聞紙を通して相手を無力化する合気的な技を行っています。
氣の力で新聞紙が強くなっているように見えるかもしれませんが、そうではありません(笑)。

たとえば剣道に応用すると、剣が当たったときの衝撃が相手の側に貫通するようになります。

手技療法の場合は鍼治療など道具を使った施術に応用可能です。
私自身は鍼を使えませんが、受講生の鍼灸師さんによると氣を通せると効果をかなり上げられるそうです。

野球やテニスなど、道具を使うスポーツにも応用可能だと思われます。

本当に効くヒーリング・サウンド

最近研究中の「透明な氣を通す技法」を楽器演奏に応用すると癒やし効果が出ることが分かりました。

約2年前にピアノの弾き方で身体への反応が異なるという記事を上げました。
見直してみると、当時よりかなりレベルが上がっています。

透明な氣を通す原理は手技療法や武道に使うときと同じです。
現在執筆中の「健康法の極意5」で公開する予定です。
講習では既にお伝えすることが可能です。

今回は立ったときのバランス(身体を横から押す)と、肩の外転(横から腕を挙げる)でチェックしています。

普通に腕の重さで弾いたときは変化は見られませんでしたが、氣を通して弾いた場合はバランスも可動域も改善していました。

音を聞くだけでこれだけ効果が違うのは、やっている本人もちょっと驚きました。
直接身体に触れる手技療法だったらさらに効果に大きな差が出ることが分かると思います。

筋反射テストができる人は動画の最後で普通に弾いた場合と氣を通した場合の音を聞いてテストしてみると差がわかると思います。

メルマガ第6回配信されました

メルマガ第6回が配信されました。
今回はブログページに即反映されていました。
ブラウザに広告ブロックが入っていると動画再生が始まらないようです。

力を抜くというのが手技療法や武道では非常に重要です。
しかし、どうやったら力が抜けるのかというのを具体的なメソッドとして教えているところはほとんどありません。
たとえば手を結んでパッと開く練習がよく紹介されますが、能動的に開いてしまうことが多いです。

受動的にただ緩むのに任せるというのが極意です。
本当はこれが基本で、能動的に手技を行うと受け手にダメージを与えてしまいます。
武道の場合は反射的に防御されてしまいます。

ワークも紹介していますが、文章にするとなかなか伝わりにくいです。
直接お伝えすると「こんなに繊細な動きだとは」と驚かれる方が多いです。

最近は誰でもできるのを売りにしている手技教材が多いですが、施術家も職人のように手の感覚を養っていくのが王道だと思います。

メルマガ第5回が配信されました。

メルマガ「エネルギーTV」の第5回「氣が通る”正しい立ち方”とは?」が配信されました。
(タイトルは担当の方がつけています)。

立ち方については本ブログでも何度か取り上げていますが、母趾球、小趾球、踵の三点のバランスを丁寧に取ることで「根づき」というリラックス状態になります。
重心については「踵重心がいい」「つま先重心がいい」という真逆の説があって混乱しますが、一点に意識しようとすること自体が緊張の原因になってしまいます。

根づきができていれば、それだけで近くにいる人もリラックスします。

根づきは施術や、武術など身体操法の基本になります。
これを元にすることでリラックス状態を維持したまま動けます。
逆に、これができていないと、どう動いても脱力はできません。

現状では根づきができる人がほとんどいないので、立ち方に関しての説はほとんどが的はずれなものになってしまっています。

メルマガの過去記事が読めるブログができました。
(本記事投稿時点では最新の記事は反映されていません。)