カテゴリー別アーカイブ: 気功・ヒーリング

気で美しくなる 目力を上げる方法

最近、将棋の藤井四段の連勝記録を止めた佐々木五段の「目力がすごい」と話題になりました。
「目力が強い」というと、佐々木五段のように目が大きいとか、目つきがきつい感じを言うことが多いようです。
女優でいうと柴崎コウさんが挙げられるようです。

こちらのネット記事では目力が強すぎても良くない、ということで、赤ちゃんの柔らかい目力を目指すことを提案しています。
赤ちゃんの視線を「純粋に相手に関心を寄せる視線」としています。

ここでは「柔らかい目力」を上げる方法をご紹介します。

まずは、相手の幸福や健康を願う「肯定的関心」を持つと柔らかい視線になります。
人を評価しようとして見ると「上から目線」になってしまいます。
まさに目は心の窓なんですね。

さらに柔らかい視線にするには、以前ご紹介した「気を入れて、力を抜く」というテクニックを視線に応用します。

1.対象を見ながら、その向こうを見ようとする。
2.その感覚を維持しながらフッと力みを抜きます。

視線が突き抜けた感覚と視線が逆流してくる感覚が同時に発生します。
前々回の記事「視線を使ってゾーンに入る」と同様に、一点を見ている状態から全体を見ている状態になります。
視線から力みが抜けて、さらに柔らかい視線になります。

視線や意識の使い方を応用すると、見るだけで治癒効果を出すことも可能になります。
ご興味のある方は、以前の記事「謎の整体 見て治す!?」をご参照ください。

浮き身/根づき/統一体

足のアーチ最近の記事で「浮き身」を前提にしたワークをいくつか紹介しています。
これ抜きで健康法、武道、手技療法などはありえないくらいの基本なのですが、できている人はあまりいません。

当院の気功講座「心身楽道」では初回に浮き身を体験していただいていますが、難しいと感じられる方もいらっしゃいます。
浮き身については心身楽道のサイトにも書いていますが、母趾球、踵、小趾球の3点の荷重が同じになるようにバランスを取ります。

これにより図のような足の縦アーチ(内側、外側の2つ)と横アーチのバランスが取れて最も効率よく体重を支えられるようになっています。
カメラの三脚も一つの脚に少しでも重さが偏ると途端にバランスが悪くなりますが、それと似ています。

足に体重を預けられると全身の力が抜けて、楽になります。
身体が浮かんでいる感覚と、根づき(グラウンディング)の重みが地面に抜けていく感覚が同時に生まれます。

昔は下駄などでバランス感覚を鍛える身体文化があったのですが、それが失われた現代では意図的にバランス感覚を鍛える必要があります。
バランスを取るのは普通に思っているより丁寧に感じながら行わないとできません。
これを動画で示しますが、予想通り非常に地味な動画になってしまいました(笑)
動画のように外見上はほとんど動かないくらいのレベルで微調整していきます。

これができると身体を一つにして使うことができます(統一体と呼ぶことがあります)。
動画のように腕を前に出すと身体もついて来ます。
動画では説明していませんが、螺旋/バネの力も働くようになるので、片足に重心を移すだけで身体が前に進みます。
これを繰り返すと平地なのにゆるい坂道を下りているような感じで、筋力はほとんど使わずに歩くことができます。
これが私の提唱しているヒーリング・ウォーキングです。
より詳しくは拙著をご参照ください。

癒しの武道 発勁/寸勁の原理

自分の拳と相手との距離がほとんど無い状態から相手を打つ「発勁」をマンガなどでご存知の方も多いと思います。
(正確には至近距離からの発勁のことで「寸勁」というようです。ブルース・リーのワンインチ・パンチも寸勁と似たものだそうです。)

ネットでやり方や原理の説明を調べても具体的な記事はほとんど無いようです。Yahoo!知恵袋に「勁を蓄えて、力を抜くことで勁を発する」という主旨の回答がありますが、これだけでは分かりにくいと思います。
Youtubeにも発勁の原理を説明している動画がありますが、分かりやすいものは見つかりませんでした。

マンガだとかなり誇張されていますが、ワンインチ・パンチの動画を見ると分かるように実際には身体を使って打っています。
Wikipediaを見ると、「一般の武術に関する書籍に紹介されている発勁(とされているもの)は体重の移動による『突き飛ばし』であるが、これらは発勁の構成要素の一部であり発勁そのものではない」、「格闘技における殴打技とは、根本的な身法が大きく異なる。」とあり、どうも体重を載せて打っただけの打撃とは根本的に違うようです。

実際に押された人の感想としては「急にすごく異質な押され方したよ!という感触で、ちょっと言葉にしがたい」というのがありました。
普通に体重移動で打ってもこういう感想にはならないと思います

手技療法の押圧の原理が発勁の原理と共通していると思われるので、説明してみたいと思います。

1 ポジティブな想いを持つ
ポジティブな想いというのは「相手の幸せを願う」とか「世界に良きものを与えたい」という利他的な心です。
このような心を持つことで身体に気が満ちて余計な力が抜けます。

心によって技のかかり方が変わることはタオ指圧創始者である遠藤喨及さんの著作に記されています(参考図書:「気心道」など)。
技をかけるため、という不純な動機でポジティブな思いを持つと邪気になりますので注意しましょう。

物理的に押そうとすると、相手に防御反応が働いて力がぶつかる状態になってしまいます。
パラドックス的ですが、相手にダメージを与えるという格闘技的な意識と真逆の方が相手を動かせます。
合気道の創始者、植芝盛平翁(故人)も「争う心のある人間は、はじめから負けているのである」とおっしゃっています。

2.重心を下げる

重心を下げるには浮き身ができていることが前提になります。
脚の螺旋の力を地面にねじ込んでいくようにします。

螺旋の力については心身楽道のサイト、より詳しくは拙著「ヒーリング・ウォーキング」をご参照ください。

重心を下げるときに太ももに力を入れてしまう方が多いですが、力みがあると相手に作用させにくくなります。

重心を下げた時に、手には相手を押す力が働き抵抗を感じると思います。
手に力を入れて押したくなりますが、力を抜いて相手の力を受け入れ、その力でさらに重心を下げていきます。
これにより力(勁)がたまっていきます。

3.重心を下げるイメージは維持して、力を抜く

これ以上重心を下げられなくなったら、重心を下げるイメージはそのままで力を抜くと、さらに重心が下がると同時に溜めていた力(勁)が手から解放されて相手が動きます。

以前の記事の「気を入れて力を抜く」と同じ原理ですが、ちょっと難しいかもしれません。

力を抜くと相手の防御反応も無くなって気が通りやすくなっているので簡単に動きます。
押された側は物理的に押されたのは異なる感じを受けると思います。
これはいわば「癒しの武道」なので、受けると気持ちがいいし、やる方も癒しの力がつきます。

手技療法においては力むと相手に防御反応が起こるので、力まずに動くことが必要です。
現状は筋力や体重で圧す人がほとんどで、このような原理を知っている人もほとんどいません。

格闘技的に相手にダメージを与える技を知りたいと思って読まれた方もいらっしゃったかもしれませんが、壊す方には興味が無いので悪しからずご了承ください。
「Dr.Fの格闘技医学」という本に「強くなりたい、と思って格闘技や武道を始めたはずなのに、怪我や障害で人間として弱くなってしまう人が多い」とありました。

癒しの気功、心身楽道は健康になり「勁(つよ)く」なる原理、メソッドを分かりやすくお伝えしていますので、ご好評いただいています。
講習は基本マンツーマンで、お好きな時間を予約していただくフリータイム制です。

極意!気を入れて力を抜く

武道や手技療法など色々なところで「力を抜きましょう」と聞くと思いますが、この力を抜くというのがなかなか難しいものです。

武道だったら相手を動かさなければならないし、指圧やマッサージなら相手に手指で圧を加えるので、力を抜いたらできなさそうな気がします。

高岡英夫氏が「ゆるむとたるむは違う」と書いているようです。
高岡氏とは解釈が違うかもしれませんが、ここでは
緩む=「気を入れて力を抜く」
弛む=「力も気も抜く」
と解釈します。
検索してみたら書家の武田双雲さんなどが同じことを書かれていました。

この違いを体感的に分かるようなワークを紹介します。

腕に気が流れているイメージをすると人が肘を曲げようとしても曲がらなかったり、ねじろうとしてもねじれなかったりする、というのは気功や合気道の教室で体験された方もいらっしゃるかもしれません。

ここでは一歩進んで「気が流れたイメージを維持したまま力だけを抜く」ということをしています。

1.腕の中に気が通り、それによって腕が伸びているイメージを持ちます。
2.イメージを維持したまま、肘など抵抗を感じた部分の力を抜きます

力を抜くことで全身を一つに使えるようになり、ねじりに来た相手をはね返しています。

これができるためには気(イメージ)で伸ばしている感じと、力で伸ばしている感じが分離できていないといけませんが、そこがちょっと難しいかもしれません。

これから紹介する予定の呼吸法やストレッチなどの基本になるので是非マスターしていただければと思います。

占いと治療

占い先日のNHK Eテレの「ねほりんぱほりん」再放送で、ゲストの予約3ヶ月待ちの占い師さんのお話が治療と類似点があって興味深かったです。

末期ガンで余命2~3ヶ月と言われていた方が余命を聞きに来て、占ってもやっぱりあまり良くなさそうだけど「あんたしぶといから、あと10年生きるわ」と答えたら7年生きたそうです。

各種の占いも勉強されているのですが、結果をそのまま伝えるのではなく、相手を見て望んでいることを言ってあげるようにしているそうです。

私の学んでいるタオ指圧では「共感的想像」といって相手が幸せになるには何をすればよいかを想像します。
意識では給料が上がって欲しいとか、恋人が欲しいとか表面的なことを願っていても、潜在意識の奥では人の幸せを願い、人の幸せを喜び、人の願いを叶えたいと願っているものです(潜在意識も深さによって内容が異なります)。
術者は意識的に人の幸せを願い、人の幸せを喜び、人の願いを叶えたいという気を出すことで患者さんも癒やされるという仕組みです。

受ける側も「これなら良くなる」と思うと実際に改善が早かったりします。
手技療法家でも物理的な施術をする方が多いのですが、実際の治癒は潜在意識の力によるものが大きいのです。

セルフヒーリング 身体イメージ編

水人間浮き身やヒーリング・ウォーキング(楽歩)の練習を続けていると、身体が緩んできて身体が水で出来ているような感覚になります。
参考記事)
浮身について
ヒーリング・ウォーキング(楽歩)

さらには足以外はほとんど重さを感じず、足底だけオモリがついている風船のように感じることもあります。

このような身体感覚が得られるまでに数週間かかることもあります。
補助練習として身体イメージを利用すると、容易に上記の身体感覚が得られます。

次の1,2のイメージで胸に手を当てたときの感覚に集中します。
以前ご紹介したほかのセルフテストでもよいです。

1)身体は固体(筋肉とか骨のイメージ)だと思う。
2)身体は液体(水)だと思う。

1は重いとか苦しい感じがして、2はそれより楽になるはずです。
セルフテストは潜在意識に一致するとリラックスして楽になったり力が入ったりします。
身体は固体だと認識している方がほとんどだと思いますが、潜在意識は身体を固体だと認識していないのですね。

以前ご紹介したエモーショナル・ストレス・リリーフの応用で、思い込まされている認識をクリアします。

ESRおでこに手を軽く当てます。
できたらちょっと出っ張った所を探して触ってください(前頭隆起)。

おでこに触ったまま、1と2を5秒おきくらいに繰り返します。
1のイメージをしてもあまり苦しくなくなったら終了です。

「身体はエネルギー」だと思って同様のワークを行うと、さらに身体感覚が軽くなるはずです。

まだ先があるのですが、今回はこの2つを是非お試しください。

癒しの氣・セルフヒーリング 準備(セルフテスト)編

これから癒しの氣・セルフヒーリングの動画を上げていく予定です。
今回は準備編でセルフテストを幾つかご紹介します。
イエスの反応(身体に有益、心が楽)とノーの反応(身体に有害、心が苦しい)を潜在意識に聴くようなテストです。

今後の動画はどれか一つでもできていることを前提にしますので、できそうなものから練習しておくとよいです。

1.ダウジング・ペンデュラム(振り子)
イエスとノーで違う動きをすることを確認してください。
錘(おもり)はなんでもよいです。
長所:比較的簡単。
短所:時間がかかる。

2.一人筋反射テスト(腕撓骨筋)
長所:短時間でできる
短所:一人で検査側と被験者側をやるのでちょっと難しい

筋反射テストには予備テストなど、注意事項がいくつかあります。
ちょっと難しいので心身楽道の講習を受けることをおすすめします。

3.胸鎖乳突筋テスト
長所:短時間でできる
短所:ノーの反応は痛い。人によっては分かりにくい。

4.胸の痛みを感じるテスト
長所:リアルタイムで変化が分かる
短所:感覚が鈍いと分からない

5.呼吸を観察する
長所:リアルタイムで変化が分かる
短所:感覚が鈍いと分からない

4と5はほとんど同じなので、分かりやすい方で行えば良いと思います。
施術家の方は4か5をできると、自分が行った施術が相手を楽にしているかどうかがリアルタイムで分かることになります。

残念ながら受け手を緊張させてしまうような施術をしている方がほとんどです。
何度か書いていますが触れ方、圧し方ができていないためです。

リラックスさせる施術に興味がある方は癒しの氣・心身楽道の講習にお越しください。
詳しくはサイトをご参照ください。

癒しの氣・温熱療法

熱鍼法癒しの氣・温熱療法を始めました。
ハンダゴテみたいな道具を当てていくのですが、コテの当て方がピッタリくると非常に深いリラックス作用が働きます。
下手に当てると効果がなくなったり逆効果になるのは手技の場合と同じです。

今までも部分的に受けたことは何度かあったのですが、全身受けると今までに受けたどんな施術よりもリラックスしました。
手技療法マニアの私もビックリするくらいの効果です。

もともとは平田内蔵吉(ひらたくらきち)氏という戦前の手技療法研究科が「平田式心理療法(熱針術)」として開発し、戦前にはある程度普及していたようです。
残念ながら平田氏が戦死されたため、現在ではほとんど途絶えていました。

ヒーリングを研究しているグループの長年の研究によって現代に蘇りました。
平田式心理療法(熱鍼術)はアルコールを容器に入れて燃やす方式で温度が不安定でしたが、電気制御になって温度調整が非常に簡単になりました。
このグループでは心療内科などとの混同を防ぐため「熱鍼法」と呼んでいます。

当院では刺激のやり方が少し異なるため「癒しの氣・温熱療法」と呼ぶことにしました。
皮膚に直接熱鍼をあてないのでマイルドな受け心地になっています。

心理療法というからには心にも影響するの?と思われたかもしれません。
身体へのヒーリング作用だけでなく、術者がタオ指圧のように癒しの心で施術するとその氣が入ります。
これは自分に施術していても感じることができます。

少しずつお客間にもご体験いただいています。

癒しの氣~触れずに身体を柔らかくする(回旋)

今回は触れないで身体が柔らかくするのに挑戦してみました。
普通のストレッチでは力で動かそうとするので防御反応が起こってしまいます。

氣を動かしていると相手がちょっと反応するのが面白いです。
テクニック的には氣が感じられればわりと簡単です。
物理的に何センチ離せばいいとかスピードはどうとか考えてしまう方が多いのですが、それよりも感じることのほうが大切なのです。

(実際の施術では身体に触れないテクニックはあまり使っていません)

癒しの氣~身体を柔らかくする(前屈)

身体が硬くて前屈があまりできない、という方が多くいらっしゃいます。
これを改善しようとして、背中をぎゅうぎゅう押すのは痛いだけでほとんど効果がないか逆効果になります。

マッサージをされている方は太ももの筋肉をほぐしたりするかもしれません。
一見理にかなっていますが、これは機械的な身体観に基づいています。
身体をパーツに分けて、どのパーツに問題があるかを探して対処しよう、というように。

前回の記事で、「感覚に集中するとリラックスする」という法則をご紹介しました。
これを応用して触れると、触れられた人は癒された感覚を得ます(身体感覚が鈍いと感じないこともありますが)。

これを癒やしの氣と呼ぶことにします。
癒しの氣は体内を流れるように感じられることもあれば、全身にパッと広がるように感じられることもあります。
(時には離れていても作用が感じられます)。
氣の世界では東洋哲学のように「部分は全体を含む」ことが体感されます。

例として指先に触るだけで柔軟性を改善してみます。

不思議に思われるかもしれませんが、数時間のトレーニングで誰でもできるようになります。
講習はリクエストに応じて行なっていますのでお問い合わせください。
セルフケアのために学ぶのもお勧めです。