カテゴリー別アーカイブ: 心身楽道

らせん体操(下半身と上半身の連動)

足の裏に均一に体重を載せる「浮き身」ができると、螺旋の力が働き地面反力を効率的に使うことができます。
(詳しくは心身楽道のサイト、より詳しくは拙著「ヒーリング・ウォーキング」をご参照ください。)

腕にも同様に螺旋の力が秘められています。
「肘を伸ばしてください」というと、直線的に伸ばす方が多いですが、楽な動きを探っていくと、ひねる動きが入るのが自然だと分かります。動画をご参照ください。

何度かひねりながら伸ばすのを繰り返してから、もとの真っ直ぐ伸ばす動きに戻そうとすると、伸ばしにくいと感じると思います。
施術家でも肘や膝の操作を行う時に直線的な動きで行っている人が多いですが、身体に余計な負担をかけているだけになってしまうことがわかると思います。

肘を曲げるときも螺旋を意識すると、たとえば物を持つのが楽になります。
動画では脚と腕の螺旋の動きを連動させることで力を効率的に伝えられることも示しています。

身体の動きをシンクロさせる

治療でも武道でも一箇所の動きが全身の動きの結果として起こる時に効果が得られます。
私の学んでいるタオ指圧/気心道では全身を同時に動かすことをシンクロといい、その時に気が出ることを明らかにしています。
身体を一つにして使う、とか統一体と呼ぶこともあります。
できていないと逆効果になることもあるのですが、治療家で出来ている人はあまりいません。
そもそも普通はそこまで教えないようですし、知っていてもできるとは限りません。

前回の記事「気を入れて力を抜く」のようにイメージで腕を伸ばすなどした後に力を抜くと、反動で身体が勝手に動くような感覚になります。
このときは力が抜けてシンクロした動きになっているので他の人が邪魔をしようとしても止められません。
なお、無意識に力みがあると途中で止まったりします。

これはあくまでも練習方法で、実際には反動を使わなくてもシンクロさせて身体を動かせるようにしておく必要があります。

当院で行っている気功/整体教室 心身楽道では健康や施術の極意を少人数でお伝えしています。最近治療家以外の方のお問い合わせ、ご参加も少しずつ増えてきています。

気を入れて力を抜く

武道や手技療法など色々なところで「力を抜きましょう」と聞くと思いますが、この力を抜くというのがなかなか難しいものです。

武道だったら相手を動かさなければならないし、指圧やマッサージなら相手に手指で圧を加えるので、力を抜いたらできなさそうな気がします。

高岡英夫氏が「ゆるむとたるむは違う」と書いているようです。
高岡氏とは解釈が違うかもしれませんが、ここでは
緩む=「気を入れて力を抜く」
弛む=「力も気も抜く」
と解釈します。
検索してみたら書家の武田双雲さんなどが同じことを書かれていました。

この違いを体感的に分かるようなワークを紹介します。

腕に気が流れているイメージをすると人が肘を曲げようとしても曲がらなかったり、ねじろうとしてもねじれなかったりする、というのは気功や合気道の教室で体験された方もいらっしゃるかもしれません。

ここでは一歩進んで「気が流れたイメージを維持したまま力だけを抜く」ということをしています。

力を抜くことで全身を一つに使えるようになり、ねじりに来た相手をはね返しています。

これができるためには気(イメージ)で伸ばしている感じと、力で伸ばしている感じが分離できていないといけませんが、そこがちょっと難しいかもしれません。

これから紹介する予定の呼吸法やストレッチなどの基本になるので是非マスターしていただければと思います。

誰でも出来るヒーリング 心身一如編

身体イメージ浮き身やヒーリング・ウォーキング(楽歩)の練習を続けていると、身体が緩んできて身体が水で出来ているような感覚になります。
参考記事)
浮身について
ヒーリング・ウォーキング(楽歩)
より詳しくは電子書籍「ヒーリング・ウォーキング」をご参照ください。

さらに緩んでくると、足以外はほとんど重さを感じず、足底だけオモリがついている風船のように感じることもあります。

このような身体感覚が得られるまでに数週間かかることもあります。
補助練習として身体イメージとESR(エモーショナル・ストレス・リリース)を組み合わせると、容易に上記の身体感覚、さらに深い身体感覚が得られます。

次のA、Bのイメージで胸に手を当てたときの感覚に集中します。
以前ご紹介したほかのセルフテストでもよいです。
動画では筋反射テストを行なっています。

1.身体は固体か液体か
A)身体は固体だと思う(肉とか骨のイメージ)
B)身体は液体(水)だと思う。

Aは重いとか苦しい感じがして、筋反射テストだと力が入らないはずです。
Bはそれより楽で、筋反射テストで力が入るはずです。

セルフテストは潜在意識に一致するとリラックスして楽になったり力が入ったりします。
身体は固体だと認識している方がほとんどだと思いますが、潜在意識は身体を固体だと認識していないのですね。

以前ご紹介したエモーショナル・ストレス・リリーフの応用で、思い込んでいる認識をクリアします。

ESRおでこに手を軽く当てます。
できたらちょっと出っ張った所を探して触ってください(前頭隆起)。

おでこに触ったまま、1と2を5秒おきくらいに繰り返します。
1のイメージをしても苦しくなくなったら終了です。

2.身体は液体かエネルギーか
A)身体は液体(水)だと思う。
B)身体はエネルギーだと思う

やり方は同じです。
エネルギーだと思うと、液体と思ったときよりさらに軽い感じになるはずです。身体のなかに上昇気流があるように感じるかもしれません。

3.身体はエネルギーか心か
A)身体はエネルギーだと思う。
B)身体は心そのものだと思う

やり方は同じです。
身体は心だと思うと、身体の境界が無くなったような感覚があるかもしれません。
電子書籍にも書きましたが、体感が敏感になってくると心身一如ということが体感的に分かります。
タオ指圧では一番最初に「身体は心である」という気のワークを行います。

「ヒーリング・ウォーキング」電子書籍出版しました

AmazonのKindleダイレクト出版で「ヒーリング・ウォーキング」を出版しました。
以前当ブログで「楽歩」という名前で紹介していた記事をまとめ、加筆、修正したものです。書き直しだすと色々気になって結構時間がかかってしまいました。

体感を元に楽な状態を追求していくと、今までの健康法の常識がひっくり返されます。
本来はマンツーマンで直接お伝えするような内容なので、文章だけだとちょっと難しい部分もありますが、できればかなり効果は期待できます。
体験講習も行っているので、ご興味のある方は心身楽道のコースのページをご参照ください。

次回作は呼吸法を中心に書く予定です。また本書の英語版も作成予定です。

セルフヒーリング 身体イメージ編

水人間浮き身やヒーリング・ウォーキング(楽歩)の練習を続けていると、身体が緩んできて身体が水で出来ているような感覚になります。
参考記事)
浮身について
ヒーリング・ウォーキング(楽歩)

さらには足以外はほとんど重さを感じず、足底だけオモリがついている風船のように感じることもあります。

このような身体感覚が得られるまでに数週間かかることもあります。
補助練習として身体イメージを利用すると、容易に上記の身体感覚が得られます。

次の1,2のイメージで胸に手を当てたときの感覚に集中します。
以前ご紹介したほかのセルフテストでもよいです。

1)身体は固体(筋肉とか骨のイメージ)だと思う。
2)身体は液体(水)だと思う。

1は重いとか苦しい感じがして、2はそれより楽になるはずです。
セルフテストは潜在意識に一致するとリラックスして楽になったり力が入ったりします。
身体は固体だと認識している方がほとんどだと思いますが、潜在意識は身体を固体だと認識していないのですね。

以前ご紹介したエモーショナル・ストレス・リリーフの応用で、思い込まされている認識をクリアします。

ESRおでこに手を軽く当てます。
できたらちょっと出っ張った所を探して触ってください(前頭隆起)。

おでこに触ったまま、1と2を5秒おきくらいに繰り返します。
1のイメージをしてもあまり苦しくなくなったら終了です。

「身体はエネルギー」だと思って同様のワークを行うと、さらに身体感覚が軽くなるはずです。

まだ先があるのですが、今回はこの2つを是非お試しください。

楽歩と螺旋の力

心身楽道で提案している「楽歩」では足が勝手に進むような感覚が得られます。
普通に歩くときも踵を転がすことで多少は勝手に進む感覚が得られますが、階段を上がるときは多少なりとも足で蹴って上がるか、やじろべえのように身体を傾けながら上がるしかありません。

他の人に肩を押さえつけられると普通の歩き方では上がれませんが、蹴らない楽歩だとあまり抵抗を感じずに上がることができます。

高岡英夫氏の「意識のかたち」には高岡氏が「ジンブレイド」と名付けたディレクター(高岡氏の造語で、身体意識の構造を構成する因子)が紹介されています。
形としては足から体表を螺旋状に上がっていく線で、経絡の腎経と似ているためそのように名付けたとのことです。
ジンブレイドを意識することで心身ともにリラックスし、最高のリラクセーションができる。イチローや合気道の塩田剛三氏(故人)、カール・ルイスなどはジンブレイドが発達しているため超人的なパフォーマンスを発揮できた、と主張されています。
特に塩田剛三氏は高岡氏との対談中に手でジンブレイドを示すことができたそうです。
江戸時代の絵を見ると、宮本武蔵などの武芸者だけでなく、舞い手など多くの人がジンブレイドを有していた事がわかるそうです。
ただし、「意識のかたち」ではジンブレイドを体感する方法は書かれていません(ほかの本に書かれているようです)。

心身楽道では、浮き身の状態にすることでリラックスし、自然に螺旋状の力が感じられます。
浮身については心身楽道のサイトをご参照ください。
螺旋の力は骨自体を動かす力と体表上の線と両方あるように感じられます。
ジンブレイドと同じものかは分かりませんが、螺旋状の力を利用することで階段を上がるなどの動作を楽に行うことができます。

骨の模型を見ると、骨自体や関節がねじれていることに気が付きます。
そもそも人体は螺旋の力を使うように設計されているのです。
西洋生まれの運動学ではこの点がほとんど考慮されていないようですが。

高岡氏は「ゆるウォーク」という歩き方の本も出されていますが、普通の歩き方を元に脱力するうので変わった歩き方になります(高岡氏がテレビ出演したときの動画)。
普通の歩き方の場合、無意識に骨盤などを固めて安定させているので身体は力んだ状態なのです。
楽歩では蹴らないことで脱力して、かつ安定した歩き方を実現しています。

健康は楽に立つことから

先月作成した、癒しの氣・心身楽道のサイトで楽な立ち方をまとめてあります。

浮き身ができて楽な立ち方に慣れてきたら、そこからずれた時に違和感を感じるようになってきます。

ほんの少しでもつま先側に重心が動くと肋骨付近や髪の生え際に緊張を感じます。
分かりにくい方は大げさに重心をずらすと分かると思います。

同様に、
かかと側にずれると、坐骨付近、首の後ろ
親指側にずれると、膝の内側、股関節、額
小指側にずれると、太もも外側、側頭部
がそれぞれ緊張します。
(緊張を感じる位置については個人差があると思います)

たとえばかかと側にずれた状態での緊張が続くと、腰痛や首痛になります。
この場合の腰や首の痛みは「立ち方がおかしい」というサインであり、マッサージしても立ち方がそのままなら再び痛くなってしまいます。
骨盤調整などで楽な立ち方に近づけることはできますが、立つ時にバランスを取るのは本人にしかできません。

逆に言うと、楽な立ち方さえできていれば首痛や腰痛になりにくいと言えます。
常に浮き身のバランスの意識を持っていれば、重心がずれたときに上記の違和感を感じるようになります。

なぜこんな簡単かつ大事なことを誰も言わないかというと、治療家にも楽な立ち方をできている人がほとんどいないからです。
姿勢についても外からみた骨の位置などで語る方がほとんどです。
感覚より理論を重視する治療家が多いようですが、感覚を養うのが上達の早道です。
感覚を養う上達法にご興味のある方は施術家向けのページをご参照ください。

当院では通常の施術のほかに、「癒しの氣・パーソナルトレーニング」という立ち方から始まって楽な身体の使い方を体感しながら習得するメニューがあります。
他の治療院ではやっていない試みですが、将来的には小学校で教えられるくらい普及すれば治療院は要らなくなるかもしれません。
(立ち方については施術の終わりにご説明することもあります)。

温熱エステ 施術の様子とご感想

温熱療法を顔に施術すると、リフトアップやシワの軽減などの美容効果があります。
「ほうれい線、目(の開き方)が全然違う」とご感想をいただきました。

目の疲れも軽減する他、肩こりが軽減したりもします。
特に目の疲れに関しては自分で試した中では最強クラスです。
顔のコリは首肩のコリなどとも関係が深いため、通常の施術で顔にも施術することがあります。