カテゴリー別アーカイブ: 健康

ナンバ走りで走ってみた

拙著「ヒーリング・ウォーキング」で検証したように、ナンバは手を振らない歩き方だと思われます。
ナンバ研究の第一人者であった武智氏が「手を振らない」と書いていたのですが、その後の人たちは無視して手を振る歩き方をナンバとしてしまいました。

足と同じ側の手を振るナンバをここでは「いわゆるナンバ」と呼びます。
「いわゆるナンバ」派の人たちは下の右手右脚を前に出した飛脚の写真(図左)をよく持ち出します。

しかし、当時の外国人がスケッチした飛脚(図右)は普通に走っています。

江戸時代末期から明治にかけて訪日した外国人の文章による記録を147件も調べた谷釜氏によると、右手右脚を同時に出す歩き方の記録は無かったそうです(参考資料
飛脚の写真については「当時は1枚撮るのに何分もかかったので、走っていたときの姿がそうだっとは限らない」という意見が正しそうです。

ナンバ走りについては、陸上200m走銅メダリストの末續氏が「ナンバの動きを意識して走った」と語ったのが有名です。
末續氏の走りをみると足と逆の手を振って走っていますので、意識しただけで実際にナンバ走りしたわけではありません。
Youtubeで見ることが出来ます。)

末續氏の発言をもとにして「膝を上げず前へ出す」走法のことを「ナンバ走法」と言っている人がいます。
「高橋尚子さんもナンバ走法だった」と書いてあるサイトもあります。
当然ながら、これはナンバとは言えません。
ナンバでは無い走り方を「ナンバ走法」と称して「ナンバはすごい」と書いてあるわけでめちゃくちゃな話です。

それでは、ナンバ走りは実際には無理なのでしょうか?
また、できたとしてメリットはあるのでしょうか?
ナンバ歩きを整理して、ナンバ走りに応用できるかみてみましょう。

「ヒーリング・ウォーキング」以前の「ナンバ歩き」には、大きく分けて3種類あります。
1.同じ側の腕を振って歩幅を大きく取る「いわゆるナンバ」
これだと一歩ごとに身体を反転させるので、歩くのはともかく走るのは難しいです。

2.骨盤と胸郭の同側を上下させる
「ポケットに手を入れて肩で風を切る」と表される歩き方です。
これだと一応走ることが出来ますが、一歩ごとに背骨が傾いてしまい不安定になります。
メリットは感じられません。

3.腕を振らず、腰を入れて揺れを留める
手を振らないで歩くと上半身が動いてしまいますが、腰の力で上半身を安定させるという歩き方です。
走るのには向いていません。

ヒーリング・ウォーキングでは「腕を振らず、腰の力みも抜く」という歩き方を提唱しました。
「浮き身」という状態を維持して歩くのですが、そもそも「浮き身」が難しくて出来ている人がほとんどいません。
地面を蹴らずに、フラットに接地したときに生じる「螺旋の力」で進みます。

今までのナンバは地面を蹴るときに生じる上半身のブレに対処できていませんでした。
ヒーリング・ウォーキングでは、やや外側に足先を向けてフラットに接地した後、さらに外側に膝を向けると体全体がくるっと回ります。
地面を蹴らないので上半身はぶれずに、背骨をまっすぐにしたままで歩けます。
力みがなく、効率を最大限に高めた歩き方になっています。

今回この足運びを速く行うことでナンバ走りを実際にやってみました。
走る場合は浮き身にするのは難しくなりますが、足首の動きはヒーリング・ウォーキングと同じにします。

動画では上記の1,2との比較をしています(3は行っていません)。

このナンバ走りのメリットとしては以下のようなものがあります。

・足首、膝、腰の負担が少なく故障しにくい(フラット着地で地面を蹴らないため)
・坂を上がるのが楽(やってみるとすぐに分かります)
・向かい風の抵抗を受けにくい
・荷物を持って走るのが楽
・サッカーやラグビーのように他の選手と接触する場合も倒れにくい

以上のように負荷が高いほど普通の走り方より有利になります。
スピードはどうかというと、自分で走ってみたところ普通の走り方より少し速くなりました(2分位の距離で約10秒)。
普通の走り方だと肩や腕が疲れる感じがしますが、ナンバ走りだと逆に緩んでいく感じがしました。

ご興味のある方はご連絡ください

エルゴノミクス・デザインのマウス

デスクワークをしていて、一日何時間もマウスを操作している方も多いようです。
マウスを長時間使用することは腱鞘炎や肩こりの原因になると言われています。

以前ネットで見かけて気になっていたエルゴノミクス(人間工学に基づいた)デザインの「PERIMICE」を今まで使っていたマウスが壊れたのを機に購入してみました。

有線のタイプと無線のタイプ、左利き用と右利き用、標準サイズと小型サイズのバリエーションがあります。
人間工学に基づいたマウスは何種類かありますが、本製品は有線タイプで1499円、無線タイプで1999円(Amazonでの価格)と比較的低価格です。

図のように人差し指側が大きく盛り上がった形状になっています。
実際使ってみると、予想以上に手にフィットしました。
肘を曲げている状態のときは小指が机について人差し指が浮いているのが自然な状態なのですが、このマウスだとその自然な状態で操作できます。

普通のマウスだと前腕を少し内側にひねった状態になります。
長時間この状態が続くと手首だけでなく、肩にも相当の負担がかかります。

Premiceを使ったあとに普通のマウスを使うと違和感を感じます。
姿勢や動作でも本来の楽な姿勢や動作を知ると、今までの姿勢に戻すと違和感を感じます。
気功教室「心身楽道」ではあまり知られていない本来の楽な状態や動作をお伝えしています。

筋トレせずにパワーアップ(腰の回旋)

以前、背骨を中心に回旋することを意識することで可動域が向上するというワークをご紹介しました。
(参考記事:「ストレッチより身体を柔らかくする(腰の回旋)」)

このワークを行うと力も出やすくなります。
正確には普段は本来の動きをしていないために力を大幅にロスしていたのが、本来の動きをすることでロスが無くなります。

やり方は上述の記事と同じで、背中とお腹を手で挟んで背骨を中心に回すだけです。
つまり、これだけで可動域が向上してパフォーマンスが上がることになります。
特に身体の回旋を多用する野球やゴルフのようなスポーツや武道に効果があります。

このように可動域とパフォーマンスが両方上がるのが本来ですが、スポーツの世界では「試合の前にストレッチするとパフォーマンスが落ちる」という説が最近広まっているようです。
クロアチアのザグレプ大学の「45秒以上同じ筋肉をストレッチすると筋力、瞬発力が低下した」という研究結果が元になっています(参考記事:エキサイトニュース)。

実はこれはストレッチのやり方次第で、ほとんどの人はパフォーマンスが落ちるようなストレッチをしていますが、パフォーマンスが上がるストレッチのやり方もあります。
なお、「ラジオ体操のような動的ストレッチならいい」という説もありますが、それとは別の話です。

気功健康法教室 心身楽道では本来の動きをインプットするワークやパフォーマンスを上げるストレッチのやり方をお伝えしています。

30秒で肩こり改善

頚椎や腰椎について本来の動きをインプットすることで可動域が改善したり、力が出やすくなるというワークをご紹介してきました。
同様の原理で肩甲骨も本来の動きをインプットすると可動域が改善し、力が出やすくなります。

肩甲骨の動き
1.腕を挙げて可動域をチェックします。
本来の動きはやや斜め前に挙げる動きになります。
これで顔につく人は真横に挙げてみてください。

2.肩を挙げる動きをします。このとき反対の手で肩を押さえて邪魔をします。
戻す時は本来の動きが現れますのでよく動きを観察してください。

3.2を数回繰り返します。
体幹を中心に回すような動きになると動かしやすいのがわかると思います(図)。
また、肋骨の形にそってやや前側に挙げたほうが動かしやすいです。

4.再度腕を挙げて可動域をチェックします。
最初より挙げやすくなっているはずです。

動画では力を入れてパッと抜く、よくあるワークも比較で行っていますが、逆に硬くなってしまっています。
真上に挙げるというのは本来の動きから外れているので、マイナスの効果になってしまっているのです。

全身の関節に本来の動きをインプットするとそれだけで身体の動きが非常に良くなることが想像できると思います。
詳しくは心身楽道の講習でお伝えしています。

(画像はFreeDigitalPhotos.netのyodiyim のご厚意で使用しています。)

ストレッチより身体を柔らかくする(腰の回旋) 

前回体軸について書きましたが、背骨を意識して回旋することで可動域が向上します。

動画の前半は首の可動域を改善したのと同じやり方です。
回すときに少し側屈の動きが入る本来の動きがインプットされます。
だんだん手が押される力が強くなることがわかると思います。
数回行うと可動域が向上しています。

後半は背骨を中心に回旋することを意識することで可動域が向上しています。
腰椎は体の中心より少し後ろにあります(だいたいお腹側2:背中側1の位置)。
手で身体を挟んでいるのはそのほうがどこを中心に回しているか意識しやすくするためです。
内側をより感じるようになるトレーニングも治療家向けの講座ではお伝えしています。
本来の動きをインプットすることで可動域が向上し、力も出やすくなります。

もちろん両方行ってもよいし、そのほうが効果がでます。

ストレッチせずに上を向きやすくする(首の後屈)

スマホの普及の影響でしょうか、上を向きにくいという方がかなり多くなっています。
重症になると、うがいをするのも難しくなる方がいらっしゃいます。
正しい動きをインプットすることで、ストレッチをせずに上を向きやすくなります。
その方法をご紹介します。

上を見る時に頭だけを動かそうとする人がほとんどですが、「首の骨が動いた結果として頭が動く」のが本来の動きです。

1)上を見て、可動域を確認しておきます。
2)頭の後ろで手を組みます。
3)上を向こうとするのを自分の手で邪魔します。
4)戻る時に、よく首の骨の動きを観察します。
5)首の骨を意識してまた上を見ます。手を押す力が強くなっているはずです。
6)3~5を数回繰り返します
7)再度上を見て可動域を調べます。

最初に比べるとより上のほうが見えるようになったと思います。

ストレッチがちょっとしたブームでテレビや本でよく紹介されますが、身体に負担だけかけている人がほとんどです。

本来の動きや身体に負担をかけないストレッチにご興味のある方は心身楽道の健康気功講座をお勧めします。サイトからお問い合わせ下さい。

ストレッチせずに首を回しやすくする

久しぶりに動画をアップしました。

可動域を広げる=ストレッチと思っていらっしゃる方が多いですが、ストレッチをしないで可動域を改善する方法です。
螺旋の動きについて当ブログで何度か書きましたが、背骨も螺旋の動きをします。
頚椎(首の骨)の場合、横に向く時は少し上に曲がる(逆側に傾く)ような螺旋の動きをします。

動画のように手で横を向くのを邪魔して、戻す時にゆっくり戻すと本来の動きがインプットされます。
自分で戻すというよりも自然に戻るのを待つという感じです。

回すときは戻ってきたときの経路を通るように少し上を向きながら回します。
その方が手に伝わる力が強くなることがわかると思います。

3回行った後に回旋してみると可動域が明らかに広がっていることが分かります。
この前にストレッチをしていますが、可動域はほとんど変わっていません。
首を真横に向ける動きは本来の動きではないため、真横に向けるストレッチはしない方が良いです。

脚の螺旋をうまく使うとあまり筋力を使わず楽に歩けるようになります(ヒーリング・ウォーキング)。
全身の螺旋の動きをインプットするとやはり筋力をあまり使わず楽に動けるようになります。
ご興味のある方は心身楽道の健康気功講座をお勧めします。サイトからお問い合わせ下さい。

「発達障害」は障害なのか?

先日、NHKスペシャルで発達障害の特集がありました。
なんでも小中学生の15人に1人は発達障害と言われているそうです。

私も授業参観のときですら授業を全く聞いていなかったり(未だに親に言われます)、極端に人見知りだったりしたので、今だったら発達障害という診断を受けていたかもしれません。

私の学生時代はまだ発達障害という言葉がほとんど使われていなかったこともあり、違和感を感じながら見ていました。

発達障害という明確な障害を持つ人が数%いるということではなく、我々の社会が数%の人々を障害者として排除しているのではないのでしょうか?

一つ喩えをだすと、かつてのスパルタでは子供が生まれた時に健康と認めなければ殺し、残った子には厳しい軍事教育を施したそうです。

現代の感覚だと「身体の丈夫さだけで人を判断して殺してしまうなんてとんでもない」と思いますが、作業能力という基準だけで人を選別して障害者扱いし、薬漬けにしてしまうのであれば大して変わらないということになります。

仮に50m走で◯秒以上かかるのは「障害」だから筋力増強剤を投与したりしたら非人道的と思われるでしょう。
注意力などが誰かが決めた基準から外れているから投薬するというのも同じように非人道的だと思うのです。

番組の話に戻すと、いわゆる発達障害の方はものの見え方、聞こえ方が「健常者」とは異なると説明されていました。

ざわざわした環境で会話する場合、「健常者」は無意識に相手の声以外にフィルターをかけることができますが、「発達障害」の方はフィルターをかけるのが苦手でうまく声を認識できない、という感覚を映像で再現していました。

これは人工的な環境には適応しにくい特性ですが、自然環境においては危険を察知するのにむしろ有利な特性であると考えられます。

「自閉症者が人類社会に「不可欠」である理由 実は障害ではない!」という記事には「遺伝的に異なる多様な存在がそれぞれ微妙に異なる脳神経システムを発達させることを介して、多様性を構成している」とあります。
これをニューロダイバーシティというそうです。
障害ではなく、必要があって生まれた多様性という考えです。

障害とみてしまうと、立場が変われば感覚が鋭い自閉症者が正常で、「健常者」は鈍くて環境に変化があっても気づきにくいという障害を持っているということになります。

アメリカの自閉症協会のニューロティピカル(定型発達)の説明では自閉症から見た「健常者」の異常性について書かれていて面白いです。
2つだけ引用します。

・社会的地位と認知のために生涯争ったり、自分の欲のために他者を罠にかけたりします。

・特徴的なコミュニケーションスタイルを持ち、はっきり伝え合うより暗黙の了解でモノを言う傾向がある。しかし、それはしばしば伝達不良に終わります。

「自分は健常者だと思っている私たち全員が抱える『ある重い障害』」より抜粋)

さて、スパルタでは軍人として「使える」人以外は切り捨てられていましたが、現代ではどのような基準で人を「使える」「使えない」と見ているのでしょうか。

その基準というのは「企業や役所で使える(仕事ができる)人間」ということでしょう。
つまらない仕事であってもそれなりに集中できることや、あまり細々と指示しなくても察する能力が重要視されているのです。

当然ながら、この基準は起業家や芸術家としての特性とは全く相容れません。
「そんなもののために生まれてきたわけじゃない」って話です。
また、人工知能が普及したらあまり重要でない特性とみなされるようになるかもしれません。

いわゆるアスペルガー症候群という人の話を聞くと、知的能力は「健常者」より優れていたりするのですが、合理的思考を優先させるために人づき合いがうまくいかないと悩まれているようです。

「健常者」も常に相手に気を遣っているわけではなく、なんとなくマナーなどを守っているだけだったりしますが、そのマナーなるものがよく分からないようです。
私もよく分からなかったり、あえて従わなかったりします。

アスペルガー症候群の「症状」の一つに「興味のあることに関しては記憶力、集中力が高い」というのがありますが、これは果たして「症状」なのでしょうか。
科学者としては曖昧さを許さないとか、一つのことに集中できるというのは優れた特性です。

発達障害なんて定義や基準すら曖昧という以前に障害ですらないのですから、みんなが診断や薬を拒否すれば無くなるし、そうなっても全然困らないのではないでしょうか。

それじゃ何も解決にならん、と思われるかもしれませんが、社会が過度に効率を追求するのを止めて多様性を受け入れるようになればよいのです。
責任は「健常者」側にもあるので、作業が遅いなどの人に対してダメ出しせずに受け入れる器の大きさが必要になります。

極論に聞こえたかもしれませんが、小倉謙さんのように発達障害なんて無い、という立場で精力的に活動されている方もいらっしゃいます。

らせん体操(下半身と上半身の連動)

足の裏に均一に体重を載せる「浮き身」ができると、螺旋の力が働き地面反力を効率的に使うことができます。
(詳しくは心身楽道のサイト、より詳しくは拙著「ヒーリング・ウォーキング」をご参照ください。)

腕にも同様に螺旋の力が秘められています。
「肘を伸ばしてください」というと、直線的に伸ばす方が多いですが、楽な動きを探っていくと、ひねる動きが入るのが自然だと分かります。動画をご参照ください。

何度かひねりながら伸ばすのを繰り返してから、もとの真っ直ぐ伸ばす動きに戻そうとすると、伸ばしにくいと感じると思います。
施術家でも肘や膝の操作を行う時に直線的な動きで行っている人が多いですが、身体に余計な負担をかけているだけになってしまうことがわかると思います。

肘を曲げるときも螺旋を意識すると、たとえば物を持つのが楽になります。
動画では脚と腕の螺旋の動きを連動させることで力を効率的に伝えられることも示しています。

健康は楽に立つことから

先月作成した、癒しの氣・心身楽道のサイトで楽な立ち方をまとめてあります。

浮き身ができて楽な立ち方に慣れてきたら、そこからずれた時に違和感を感じるようになってきます。

ほんの少しでもつま先側に重心が動くと肋骨付近や髪の生え際に緊張を感じます。
分かりにくい方は大げさに重心をずらすと分かると思います。

同様に、
かかと側にずれると、坐骨付近、首の後ろ
親指側にずれると、膝の内側、股関節、額
小指側にずれると、太もも外側、側頭部
がそれぞれ緊張します。
(緊張を感じる位置については個人差があると思います)

たとえばかかと側にずれた状態での緊張が続くと、腰痛や首痛になります。
この場合の腰や首の痛みは「立ち方がおかしい」というサインであり、マッサージしても立ち方がそのままなら再び痛くなってしまいます。
骨盤調整などで楽な立ち方に近づけることはできますが、立つ時にバランスを取るのは本人にしかできません。

逆に言うと、楽な立ち方さえできていれば首痛や腰痛になりにくいと言えます。
常に浮き身のバランスの意識を持っていれば、重心がずれたときに上記の違和感を感じるようになります。

なぜこんな簡単かつ大事なことを誰も言わないかというと、治療家にも楽な立ち方をできている人がほとんどいないからです。
姿勢についても外からみた骨の位置などで語る方がほとんどです。
感覚より理論を重視する治療家が多いようですが、感覚を養うのが上達の早道です。
感覚を養う上達法にご興味のある方は施術家向けのページをご参照ください。

当院では通常の施術のほかに、「癒しの氣・パーソナルトレーニング」という立ち方から始まって楽な身体の使い方を体感しながら習得するメニューがあります。
他の治療院ではやっていない試みですが、将来的には小学校で教えられるくらい普及すれば治療院は要らなくなるかもしれません。
(立ち方については施術の終わりにご説明することもあります)。