カテゴリー別アーカイブ: タオ指圧

施術の極意:ソフトで深い圧とは

昔、タイでタイマッサージを習っていた時に、「◯◯さんの圧はソフトなのに深くて、とても上手だ」というような話を聞いたのが印象に残っています。
その方の施術を受ける機会は無く、またスクールでは「もっと強く圧して」という先生が多かったためか「ソフトで深いというのは矛盾しているのでは?」と思っていました。

その後、日本でタオ指圧を習うことになり、そのなかにソフトかつ深い圧を実現するヒントというか極意がありました。
以下のような身体の使い方で圧していきます。
・指には力を入れない
・体重を載せるのではなく、丹田を下げることにより圧す
・圧しているようで受け身になっている

受けてみると普通の体重圧とは異なり、ぶつかった感覚が無く深く圧が入ってきます。
また、響きという気が流れた感覚が出ます。
術者もこの圧し方だと指を痛めることはほぼありません。

手首や指を痛めないようにという理由で肘や膝を使うように施術したり、そのように教えている人もいますが、体重をかける圧し方では結局自分の身体にも受け手の身体にも負担をかけてしまいます。
(参考記事:整体・マッサージの良し悪しの見分け方(圧し方)

身体を足で踏む施術もありますが、これも体重で圧している人がほとんどなのに加えて、足の裏からは邪気が出ていますのでお勧めできません。

さらに言うと身体の使い方ができているだけでは十分な施術効果を出すことはできません。
タオ指圧では圧しながら受け手の痛みに共感していくのですが、圧の深さに応じて術者も深く痛みを感じます。
そこで痛みから逃げると受け手に不快感、ダメージを与えてしまいます。
タオ指圧ではそのために精神的修行が必須になっています。

当院で行っている気功教室「心身楽道」でも自分の身体を痛めず、施術効果を出せる圧し方を分かりやすく講習しています。
ご興味がありましたらお気軽にお問い合わせください。

良いセラピストの 見分け方 (心と癒やしの気 編)

触れ方、圧し方、身体の動かし方に続く第4回です。

動画のように術者が施術の体勢のときに横から押します。
術者が特に何も考えていないと倒れてしまいますが、相手の健康を願っているポジティブな心の状態だと、押しても倒れません。

※ポジティブは楽観的というニュアンスで使われることが多いですが、ここでは利他的という意味です。

押されると力んで抵抗してしまいがちですが、リラックスして重心を下げた方が安定します。
ポジティブな心の状態になると、力が抜けて気が満ちるために自動的にそうなります。

タオ指圧では入門の時期にこのようなワークや相手の気を感じるワークを行います。
ポジティブな状態の人からは暖かさ、軽さを感じます。
癒しの気が出ている状態です。

何も考えていないときは気が出ていないニュートラルな状態と思いがちですが、実は重く冷たい気がでています。
努力していない状態はニュートラルではなく、ネガティブ(利己的)なのです。

思うだけで癒しの気が出るなら簡単なようですが、維持したままで動作を行うのは努力が要ります。

さらに、ポジティブな思いを維持しているつもりでも、無意識のうちにネガティブな気が出てしまいます。
これを乗り越えるには心の修行をするしかありません。

(参考図書:「タオ指圧、究極の経絡メソッド」遠藤喨及・著)

ポジティブな状態に慣れると、術者の近くにいるだけで、ポジティブな状態かそうでないか分かるようになります。
当然ながら、ネガティブな状態な人に施術を受けても治癒効果は期待できないどころか、ダメージを受けてしまいます。

整体・マッサージの良し悪しの見分け方(圧し方)

前前回の触れ方編の続きです。

大半のサロン、治療院では手技に押圧が含まれると思います。
リラクゼーション(ほぐし)では施術のほとんどが押圧という所が多いと思います。

ほとんどの施術者が行っている、筋力や体重で圧す圧し方では防御反応によって身体が硬くなってしまいます。
その場合、改善効果がゼロではなくマイナスになります。
つまり、受け手にダメージを与えます。

圧し方の良し悪しを見分ける方法を動画でご紹介します。

動画のように手を組み、術者に手を押し下げてもらいます。
筋力や体重で押すと防御反応が働いて受け手にも力が入り、押し下げることができません。
背中を圧された場合は背中に力が入ります。余計に筋肉がこってしまうわけです。

防御反応を起こさないためには力を抜くことによって圧さなければなりません。
物理的に圧を加えるというよりも、ひたすら感じることを深めていきます。
それによって治癒的な効果が出るのです。
立ち方(浮き身/根づき)や前回記事の触れ方ができていることが前提になります。

ところで、なぜ間違った圧し方でも気持ちよく感じることがあるのでしょうか。
一度苦痛を感じて、それが解放される時に気持ちよく感じるのです。
でもこれはマイナスがゼロになっただけで、治癒的な効果はほとんど期待できません。

間違った圧し方に慣れてしまうと、だんだん強い圧を求めてエスカレートしていきます。
それに応えるようにひたすら圧を強くする施術者もいます。

力を入れない圧し方では、ほとんど痛みを感じることは無く、全身に気持ちよさが広がるように感じます。

実際には施術者をテストすることは難しいと思いますが、施術中の写真を見ればだいたい分かります。

動画でも使用したフリー素材の写真では、身体をひねった無理のある姿勢での押圧になっています。
(整骨院が監修しているそうですが…)
これでは術者も受け手も身体を壊してしまいます。

心身楽道では圧し方の講習も行なっています。
数時間の講習で筋力や体重を使わない、効果の出る圧し方ができるようになります。
原理を知って体得しないと何十年やってもできません。

整体・マッサージの良し悪しの見分け方(触れ方編)

整体やマッサージ(リラクゼーション、ほぐし)のお店が多くありますが、良い整体師やセラピストを見つけるにはどうすればよいでしょうか。

このブログで何度か書いていますが、テクニック以前に触れ方で受け手が緊張したりリラックスしたりします。
そこで、まず触れ方ができているかの目安を示したいと思います。

やり方は簡単で、指で爪に触れて動かしてもらうと普通は滑ってしまいますが、触れ方ができていると滑りにくくなります。
動画では爪に触れただけで肩の可動域が変わったことも示しています。

触れ方には角度などテクニック的な要素もありますが、むしろ心理的な要素が強いです。
具体的には「相手の状態を感じているかどうか」がポイントです。

現代人は相手の状態を感じるのが苦手で探るように触れる人が多いのですが、これは緊張感をもたらします。

触れるというのは単に物理的な現象だけではなく、非言語コミュニケーションでもあります。

悩みを聞いてもらう時に「うんうん、そうだよね」と共感してもらうと癒されますが、「それは◯◯障害の可能性があるね」などと分析されてしまうと逆にダメージを受けてしまいます。

極端な喩えに聞こえるかもしれませんが、整体のセミナーや教材では探るような触れ方を教えているケースがほとんどです。
(私の知る範囲での例外はタオ指圧くらいです)。
したがって気遣うような触れ方をできる人はごく少数です。

触れて緩められないというのはテクニック以前の問題なので、触れ方ができていない人に施術を受けても改善は見込めないでしょう。

実際にお店で施術者をテストするようなことは難しいと思いますが、慣れると触られた瞬間に分かります。

触れ方は非常に深いのですが、原理はシンプルなので、施術未経験の人でも数時間講習を受けていただくとかなりの程度まで上達します。

整体だけでなく、武道、ダンスや道具の使い方など多くの分野で触り方は重要な要素ですので、ご興味のある方は受講をお待ちしております。

身体の動きをシンクロさせる

治療でも武道でも一箇所の動きが全身の動きの結果として起こる時に効果が得られます。
私の学んでいるタオ指圧/気心道では全身を同時に動かすことをシンクロといい、その時に気が出ることを明らかにしています。
身体を一つにして使う、とか統一体と呼ぶこともあります。
できていないと逆効果になることもあるのですが、治療家で出来ている人はあまりいません。
そもそも普通はそこまで教えないようですし、知っていてもできるとは限りません。

たとえば腕を地面に伸ばした後に力を抜くと、反動で腕が上がってきますが、このときは身体が勝手に動くような感覚になります。
このときは力が抜けてシンクロした動きになっているので他の人が邪魔をしようとしても止められません。
なお、無意識に力みがあると途中で止まったりします。

これはあくまでも練習方法で、実際には反動を使わなくてもシンクロさせて身体を動かせるようにしておく必要があります。

当院で行っている気功/整体教室 心身楽道では健康や施術の極意を少人数でお伝えしています。最近治療家以外の方のお問い合わせ、ご参加も少しずつ増えてきています。

誰でも出来るヒーリング 心身一如編

身体イメージ浮き身やヒーリング・ウォーキング(楽歩)の練習を続けていると、身体が緩んできて身体が水で出来ているような感覚になります。
参考記事)
浮身について
ヒーリング・ウォーキング(楽歩)
より詳しくは電子書籍「ヒーリング・ウォーキング」をご参照ください。

さらに緩んでくると、足以外はほとんど重さを感じず、足底だけオモリがついている風船のように感じることもあります。

このような身体感覚が得られるまでに数週間かかることもあります。
補助練習として身体イメージとESR(エモーショナル・ストレス・リリース)を組み合わせると、容易に上記の身体感覚、さらに深い身体感覚が得られます。

次のA、Bのイメージで胸に手を当てたときの感覚に集中します。
以前ご紹介したほかのセルフテストでもよいです。
動画では筋反射テストを行なっています。

1.身体は固体か液体か
A)身体は固体だと思う(肉とか骨のイメージ)
B)身体は液体(水)だと思う。

Aは重いとか苦しい感じがして、筋反射テストだと力が入らないはずです。
Bはそれより楽で、筋反射テストで力が入るはずです。

セルフテストは潜在意識に一致するとリラックスして楽になったり力が入ったりします。
身体は固体だと認識している方がほとんどだと思いますが、潜在意識は身体を固体だと認識していないのですね。

以前ご紹介したエモーショナル・ストレス・リリーフの応用で、思い込んでいる認識をクリアします。

ESRおでこに手を軽く当てます。
できたらちょっと出っ張った所を探して触ってください(前頭隆起)。

おでこに触ったまま、1と2を5秒おきくらいに繰り返します。
1のイメージをしても苦しくなくなったら終了です。

2.身体は液体かエネルギーか
A)身体は液体(水)だと思う。
B)身体はエネルギーだと思う

やり方は同じです。
エネルギーだと思うと、液体と思ったときよりさらに軽い感じになるはずです。身体のなかに上昇気流があるように感じるかもしれません。

3.身体はエネルギーか心か
A)身体はエネルギーだと思う。
B)身体は心そのものだと思う

やり方は同じです。
身体は心だと思うと、身体の境界が無くなったような感覚があるかもしれません。
電子書籍にも書きましたが、体感が敏感になってくると心身一如ということが体感的に分かります。
タオ指圧では一番最初に「身体は心である」という気のワークを行います。

占いと治療

占い先日のNHK Eテレの「ねほりんぱほりん」再放送で、ゲストの予約3ヶ月待ちの占い師さんのお話が治療と類似点があって興味深かったです。

末期ガンで余命2~3ヶ月と言われていた方が余命を聞きに来て、占ってもやっぱりあまり良くなさそうだけど「あんたしぶといから、あと10年生きるわ」と答えたら7年生きたそうです。

各種の占いも勉強されているのですが、結果をそのまま伝えるのではなく、相手を見て望んでいることを言ってあげるようにしているそうです。

私の学んでいるタオ指圧では「共感的想像」といって相手が幸せになるには何をすればよいかを想像します。
意識では給料が上がって欲しいとか、恋人が欲しいとか表面的なことを願っていても、潜在意識の奥では人の幸せを願い、人の幸せを喜び、人の願いを叶えたいと願っているものです(潜在意識も深さによって内容が異なります)。
術者は意識的に人の幸せを願い、人の幸せを喜び、人の願いを叶えたいという気を出すことで患者さんも癒やされるという仕組みです。

受ける側も「これなら良くなる」と思うと実際に改善が早かったりします。
手技療法家でも物理的な施術をする方が多いのですが、実際の治癒は潜在意識の力によるものが大きいのです。

「病は気から」の「気」を体感する

先日、セルフヒーリング向けのテストをいくつかご紹介しました。
胸に手を当てて感覚に集中すると、イメージによって重苦しくなったり、逆に軽くなったりします。

たとえば「困っているときに見て見ぬふりをされる」というイメージを持つと、なんとなく重い感じがします。
この状態が続いたら病気になりそうな気がしますね。
「病は気から」の気(邪気)を感じて心が傷ついている状態です。
邪気による心の傷は薬では取れませんし、単に身体を操作することでも取れません。

「病は気から」なら、「癒しも気から」です。
もう一度胸に手を当ててみます。
「困ったときに気遣われた」というイメージをすると楽になることが分かるでしょうか。

タオ療法では「徹底的に相手を気遣う」などの癒しの気を出す心のトレーニングを行います。
ツボや経絡は心のトレーニングなしには認識できません。
ツボを通して邪気が正気に転換され、心の傷もが癒やされていきます。
単なる身体操作の施術とは異なり、心理療法をも含んでいるのです。

・ブッダと氣の幸福力ワークショップ
3月3日(金)18:30~21:30
会場:東京タオサンガセンター
まだ若干空きがあるようです。
3月開講の入門修練コースもまだ受け付ているようです。
詳しくはタオ療法のサイトをご参照ください。

癒しの氣・ツボ療法 一圧で効果を出す

癒しの氣・心身楽道はマッサージのように圧す手技にも応用できます。
今回は肩の可動域を脚のツボを圧すことで改善してみました。
(ここでいうツボはタオ指圧でいうところの、その場で感じるツボです。)

圧すというのは基本的に身体を緊張させる行為なので、触るのに比べてハードルが高いのですが、圧し方をまともに教える所はほとんどありません。
(私の知る限り、当院で行っている心身楽道(気功&整体教室)とタオ指圧と活法整体くらい)

巷の整体院、整骨院やリラクゼーションサロンではマッサージのような手技をやっていますが一体どんな効果があるのでしょうか?
何十分か揉んでも可動域を改善させられない人が大半だと思われます。

ある先生の意見では「圧すときはコリを内側に押し込んでマヒさせているだけです。
離す時に緊張が解放されたような感じになるので気持ちよく感じます。
これでは次の日に痛くなったりします(好転反応ではなく筋肉痛みたいなものです)。
良くなるどころかだんだん感覚がマヒしてくるのでより強い圧を求めるようになります。
さらに受け続けていると身体がどんどん硬くなってしまいます。」
ということです。

これは施術をしている人も多かれ少なかれ分かっていると思います。
マッサージで改善されなかった方や改善できないセラピストさんには改善できる整体を是非ご体験いただきたいと思います。

氣の癒しパワー体験ワークショップ

氣のパワー体験1980年代後半から90年代前半の氣功ブームの時、中国での外気功治療がテレビなどで紹介されていました。
氣功師が「氣を通す」ような動作をすると麻痺していた患者の脚が動いたりするというものです。

「科学的に」氣を測定する研究が中国や日本でも行われたりもしていました。
当時は氣を物理的なエネルギーとして解釈しようとしていたことがうかがわれます。

タオ指圧で行う「氣のワーク」では想いに応じて氣の感覚が大きく変わることを体験します。
体験すると、これは物理的なものではないということが分かります。

「人は人、自分は自分」という想いのときは冷たく、重い氣が出ます。
他人のことを自分のことのように想うと暖かい、軽い氣が出ます。
タオ指圧ではこのような想いを深め続ける修行をします。
この時に治療的な氣が出るのです。

タオ指圧創始者の遠藤喨及さんの氣の癒しパワー体験ワークショップが7月15日、書泉ブックタワー(秋葉原)にて行われます。
詳細はリンク先をご参照下さい。