続:発勁の原理

心身楽道の講習で興味をもたれる人が多いのが発勁です。
約1年前に発勁の原理について書きました。
拙著「健康法の極意2」により詳しく書いています。

自分と同じことを書いている文献が見つからないことにちょっと不安を感じていました。
というのは、あまりにも他の人たちが書いていることがバラバラだからです。
瞬間的に力を出すことや体重を手にうまく乗せることが発勁だと思っている人が多いようです。
「発勁とはすごく速く打つこと」と書いている人もいます。
密着した状態から打つ場合は速さが0なので当てはまりません。

物理学の「運動量保存の法則」を考えると速く打たないと相手は動かないはずですが、力を抜くことで勁を発生させると密着した状態からでも相手は動きます。
防御反応や気の概念なくして発勁は説明できません。

長岡でのセミナーを受講された菅原先生が「太極拳パワー」(スコット・メレディス)にも発勁の原理が書いてあるとおっしゃっていました。
以下Twitterからの引用です。


私は非常に「勁」に興味を持っているのだが、太極拳で言う勁は、相手の力を受け容れ、足下に流して跳ね返ってきたエネルギーを全身に浸透させ、発することである。
このことを明確に述べているのがメレディスの『太極拳パワー』と則本氏の『健康法の極意2 武道に学ぶ』である。


実は「太極拳パワー」を少し読んだことがあるのですが、内容以前に文章が読みづらくて挫折してしまいました。
とりあえず同じことを書いている人がいたということで安心しましたが、読みかけていたのに気づかなかったとはお恥ずかしいです。

「健康法の極意」シリーズは読んだだけでできるように努めています。
それでも講習を受けないと難しい部分がありますが。
講習では4~5時間で発勁ができるようになります。
(上記は受講者が2名の場合。時間は人数によって増減します)

武道に興味がない人でも施術や呼吸法には発勁の原理が必要になります。
発勁の原理を用いると、受け手に癒やしの気を満たすことが可能になります。
これができるようになるのは心身楽道だけだと思います。

先日の講習では試しに少し離れた場所から発勁を行ってもらっても受け手は後ずさりました。
ゲーム「ストリートファイター」シリーズの波動拳とか「ドラゴンボール」のかめはめ波みたいですが、お互いに緩んでいるとそうなります。
気功で弟子は動くけど初見の人は動かないというのは別に馴れ合いとかヤラセではなく、初見の人は力んでいて気を感じないから動かないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.