「北斗の拳」とヒーリング・ウォーキング

先日講習に来てくださったS様によると、私の提唱しているヒーリング・ウォーキングと以前教わっていた中国人気功師の動きが以下の点で似ていたそうです。
・すり足で動く
・上半身が上下しない
・曲線を描く足運び

その先生は細かい歩き方を教えていたわけではないそうなので、浮き身などを意識されていたのかは分かりません。
能の足運びもすり足で上半身は上下しないのですが、足運びは直線的です。

その先生はさらに北斗七星の動きをするように教えていたそうです。
北斗七星の動きというと、世代のせいか「北斗の拳」のラオウとリュウケンの戦いのシーンを思い出します。

ラオウは主人公ケンシロウの兄なのですが、ケンシロウに伝承者争いに敗れたので師リュウケンによって拳を封じられることになりました。
そのときリュウケンが使ったのが「北斗七星点心」という奥義技です。
北斗七星の動きを取ると相手の死角に入れるため、有利に戦えるというものです。
リュウケンもラオウ相手に有利に戦いを進めましたが、持病の発作が出てラオウに敗れてしまいました。

北斗の拳について考証しているサイトによると、この技は中国の宗教儀礼として行われている「禹歩」や八卦掌に伝わる「泥歩」「走圏」といった敵の死角に滑りこむ歩方がヒントになっているのではないかと推定される、とのことです。

上述の宗教というのは道教のようです。
道教では北極星信仰があり、五行帰一という瞑想のときに北斗七星からの気が入ることをイメージする技法もあります。
現代人の我々が想像するより、昔の人は北斗七星に神秘的なパワーを感じていたのでしょう。

北極星信仰は仏教と結びついて妙見菩薩として日本にも入ってきました。
妙見信仰をもとにした手技療法を伝えている方もいらっしゃいます。
北斗神拳と同じく一子相伝だったそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.