現代人の「気」が危ない?

電子書籍先日出版した電子書籍「オーラを綺麗にして魅力を上げる美容法」のなかで「魅力を数値化する」という技法をご紹介しました。

「魅力は0~100の範囲で何々以上です」のように聞いて筋反射テストを行うことを数回繰り返すことで数値化できます。
100が本来の魅力がでている状態、0は全くでていない状態と捉えられます。
赤ちゃんは100に近いですが、年を取ると下がっていきます。
電子書籍では魅力を上げる方法をいくつか紹介しています。

「気の状態」も同じように数値化できます。
自分やその場にいる人だけでなく、写真とか動画に写っている人でも同様に数値化できます。
ホンマかいな?と思われるかもしれませんが、誰でも少し練習すればできるようになります。
これも0~100で数値化するのですが、赤ちゃんでも8くらいで、20歳以上の大人はマイナス100以下の人がほとんどです。

赤ちゃんでも8って低すぎないか、と思われるかもしれません。
動物もほとんどが8くらいで、100に近いのは植物です。
気功をやっている方はご存知だと思いますが、植物はすごく気がでています。
今マイナスの人でも、後で紹介する呼吸法を練習していると100以上まで上がります。
また、0を最小に設定しているのにマイナスの数値が出るのは本来おかしいのですが、それくらい気の状態が良くないと考えられます。

気の状態がプラスの人が近くにいると、胸のあたりが軽く感じます。
逆に、マイナスの人が近くにいると重苦しさを感じます。

20世紀と比べると、当時の人のほうが気の状態は良かったようです。
ほとんどの方は大人になってもプラスを維持していて、マイナス100以下というのはガンなどの病気で早逝した方くらいです。
数値的には現代人はいつ症状が出てもおかしくない気の状態の人がほとんどのようです。
若い方の乳ガンは増えているようですが、他の病気については統計が見つけられませんでした。

どうやったら気の状態は良くなるのか、ということが気になると思います。
ヨガ、気功、整体・マッサージなどは気の状態の改善に効果がありそうですが、残念ながらこれらを専門に行ったり教えている方でもほとんどの場合、気の状態はマイナスです。

気功家や治療家が気の状態が悪いというのはシャレになっていませんが、おそらく呼吸法ができていないと思われます。
イメージでも気が通ったりしますが、それだけだと一時的な効果しかありません。

当院で行っている気功教室「心身楽道」の健康基本コースでは5時間くらいで自分で気の状態を良くする呼吸法を習得できます。
練習していると気の状態が良くなり、数値は100を超えて上がります。
100というのは植物並に気が出ている状態です。

体感的には「すごく流れが良くなった」とか「身体が軽くなった」と感じられます。
独習はやや難しいですが、電子書籍「健康法の極意2 元気玉の作り方」でも呼吸法を公開しています。

また、当院で施術を受けると一時的に気の状態の数値が100近くまで上がります。
ここまで気の状態を良くできるのは、世界でほとんど唯一だと思います。

気功以外では管楽器の奏者やフリーダイビングの選手は気の状態の数値が10~20の人がいます。
演奏や競技で要求される深い呼吸と気の状態にはかなり関係がありそうです。

呼吸と同じか、それ以上に大事なのは心のあり方です。
気と心の関係についてはタオ指圧創始者の遠藤喨及氏が体系化されています。
電子書籍「健康法の極意2 元気玉の作り方」でもいくつか気の法則をご紹介しています。

気の状態と健康について共同で研究したい方がいらっしゃいましたら、ご連絡ください。

・文中に出てきた電子書籍
「オーラを綺麗にして魅力を上げる美容法」
https://www.amazon.co.jp/dp/B0752DJTGC/

・「健康法の極意2 元気玉の作り方」
https://www.amazon.co.jp/dp/B074DFZM2Q

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.