癒しの武道・合気上げの原理

合気上げとは手首を押さえられた状態から腕を上げるという技です。
筋力で上げるのはほぼ不可能なので、はたから見ているとヤラセに思えるという方もいらっしゃると思います。
実際に受けたことのある方は押さえている力が抜けるような不思議な感覚を覚えたと思います。

市販のDVDでは基本的には力の向きをずらして上げる、力が強い人には相手の力を受け入れると良い、と説明されています。

ここでは「癒しの気」と、受けた力を「内側の力」に転換する原理に基づいたやり方を紹介します。
単に相手を動かすだけでなく、癒しを伝えることに目的をおきます。

1.ポジティブ(利他的)な思いを持つ
他人の幸福やより良い世界を願う、というポジティブな心の状態になると力が抜けて癒しの気が満ちた状態になります。
技をかけるためにポジティブにしようとすると邪気になり、力みが入るので注意してください。

2.相手の力を受け入れる
押さえられているところに意識が行って抵抗したくなりますが、抵抗をしないで力を受け入れると相手の力が抜けていきます。
テクニック的には押されている部分の圧が均等になるように微妙に動かすとお互いに力が抜けて一体感が生まれます。
心理的には相手のネガティブな部分を受け入れます。

3.重心を下げる
受け入れた力を自分の重心~接地面に導いて重心を限界まで下げます。
重心を下げるには、身体の軸の感覚ができている必要があります。
心理的には自分と相手のネガティブ(利己的)な部分を抑えている状態です。

4.重心を下げ続ける意識はそのままで、力みを抜く
これにより重心がさらに下るとともに、接地面から上がってくる「内側の力」が発生します。
心理的にはネガティブな部分が転換されます。

5.転換された力を腕を通して相手の腕に導く
「内側の力」は筋力と違って防御反応を引き起こさないので相手を上げることができます。
「透明な力」とか「勁」と呼ばれるものと同じだと思われます。
物理的な力にならないように、螺旋の動きを活かして上げていきます。

「合気上げは達人技だからできるまで2年はかかるよ」と言われた、という方がいらっしゃいました。
一方、私の習った先生は初回から「合気上げには力の向きをずらすやり方とか、気を透すやり方があって…」とその場でできるように原理を説明してくださいました。

気功や武道の世界ではちゃんと原理を説明してくれる先生が珍しいように思います。
「ゆるませて…」とか「感じるままに…」というのは正しいのですが、「こうすれば緩む」、「こうすれば感じるままになる」というメソッドが無いと習得に非常に時間がかかってしまいます。
先日、合気道を5年やっていて初段になったという方が来られましたが、筋力に頼っていて見かけだけの合気道になってしまっていました。

当院で行っている気功教室、心身楽道ではメソッドを利用して、体感していただきながらお伝えしますので、ほとんどの方がその場で内側の力を使えるようになります。
定着するにはそれなりに時間をかけて練習する必要がありますが、早く習得できます。

施術家の方は「内側の力」が使えると使えないでは施術効果に大きな差が生じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.