整体・マッサージの良し悪しの見分け方(身体の動かし方)

触れ方、圧し方に続く第3回です。

動画のように、手を合わせて手首を倒すように押してもらいます。
手首が正しく使えていれば押せますが、使い方が間違っていると力がぶつかった感じになり、押せません。

手首を蝶番(ちょうつがい)のように単純に曲げ伸ばしで使っている人が多いですが、実際はバネのような螺旋の構造になっています。
曲げ伸ばしだけの動きだと手首以外を固めてしまいますが、螺旋のように使えると全身の動きと手首の動きが連動します。

自分の関節を正しく使えていない人が受け手の関節を曲げ伸ばしすると、本来の構造を無視して動かすことになるのでダメージを与えてしまいます。

本来の螺旋の動きを自動車がカーブのある舗装道路の上を走っている状態だとすると、蝶番のような単純な曲げ伸ばしは直線だけど凸凹の道を走っている状態に喩えられます。余計な負荷がかかって力が出ないし、故障しやすくなります。

整体などの施術だけでなく、武術、ダンス、スポーツでも共通することです。
ダンスは本来の動きを活かしたほうが力強く、美しく見えます。
スポーツでも同様ですが、どうしても不自然な動きが入ることがありますので故障しないように注意が必要です。

修正するための原理は簡単で、自分の関節でも他人の関節でも、最も力み無く動かせる方向に動かせばよいのです。
定着させるには普段から力みのない動きを意識する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.