癒しの武道 発勁/寸勁の原理

自分の拳と相手との距離がほとんど無い状態から相手を打つ「発勁」をマンガなどでご存知の方も多いと思います。
(正確には至近距離からの発勁のことで「寸勁」というようです。ブルース・リーのワンインチ・パンチも寸勁と似たものだそうです。)

ネットでやり方や原理の説明を調べても具体的な記事はほとんど無いようです。Yahoo!知恵袋に「勁を蓄えて、力を抜くことで勁を発する」という主旨の回答がありますが、これだけでは分かりにくいと思います。
Youtubeにも発勁の原理を説明している動画がありますが、分かりやすいものは見つかりませんでした。

マンガだと「チョンとつくと吹っ飛ぶ」のように誇張されていますが、ワンインチ・パンチの動画を見ると分かるように実際には身体を動かして打っています。
Wikipediaを見ると、「一般の武術に関する書籍に紹介されている発勁(とされているもの)は体重の移動による『突き飛ばし』であるが、これらは発勁の構成要素の一部であり発勁そのものではない」、「格闘技における殴打技とは、根本的な身法が大きく異なる。」とあり、どうも体重を載せて打っただけの打撃とは根本的に違うようです。

実際に押された人の感想としては「急にすごく異質な押され方したよ!という感触で、ちょっと言葉にしがたい」というのがありました。
普通に体重移動で打ってもこういう感想にはなりません。

手技療法の押圧の原理が発勁の原理と共通していると思われるので、説明してみたいと思います。

1 ポジティブな想いを持つ
ポジティブな想いというのは「相手の幸せを願う」とか「世界に良きものを与えたい」という利他的な心です。
このような心を持つことで身体に気が満ちて余計な力が抜けます。

心によって技のかかり方が変わることはタオ指圧創始者である遠藤喨及さんの著作に記されています(参考図書:「気心道」など)。
技をかけるため、という不純な動機でポジティブな思いを持つと邪気になりますので注意しましょう。

物理的に押そうとすると、相手に防御反応が働いて力がぶつかる状態になってしまいます。
パラドックス的ですが、相手にダメージを与えるという格闘技的な意識と真逆の方が相手を動かせます。
合気道の創始者、植芝盛平翁(故人)も「争う心のある人間は、はじめから負けているのである」とおっしゃっています。

2.重心を下げる

重心を下げるには浮き身ができていることが前提になります。
脚の螺旋の力を地面にねじ込んでいくようにします。

浮き身や螺旋の力については心身楽道のサイト、より詳しくは拙著「ヒーリング・ウォーキング」をご参照ください。

重心を下げるときに太ももに力を入れてしまう方が多いですが、力みがあると相手に作用させにくくなります。

重心を下げた時に、手には相手を押す力が働き抵抗を感じると思います。
手に力を入れて押したくなりますが、力を抜いて相手の力を受け入れ、その力でさらに重心を下げていきます。
これにより力(勁)がたまっていきます。

3.重心を下げるイメージは維持して、力を抜く

これ以上重心を下げられなくなったら、重心を下げるイメージはそのままで力を抜くと、さらに重心が下がると同時に溜めていた力(勁)が手から解放されて相手が動きます。

以前の記事の「気を入れて力を抜く」と同じ原理ですが、ちょっと難しいかもしれません。

力を抜くと相手の防御反応も無くなって気が通りやすくなっているので簡単に動きます。
押された側は物理的に押されたのは異なる感じを受けると思います。
これはいわば「癒しの武道」なので、受けると気持ちがいいし、やる方も癒しの力がつきます。

手技療法においては力むと相手に防御反応が起こるので、力まずに動くことが必要です。
現状は筋力や体重で圧す人がほとんどで、このような原理を知っている人もほとんどいません。

格闘技的に相手にダメージを与える技を知りたいと思って読まれた方もいらっしゃったかもしれませんが、壊す方には興味が無いので悪しからずご了承ください。
相手にダメージを与えると自分にも返ってきます。
「Dr.Fの格闘技医学」には「強くなりたい、と思って格闘技や武道を始めたはずなのに、怪我や障害で人間として弱くなってしまう人が多い」とありました。

癒しの気功、心身楽道は健康になり「勁(つよ)く」なる原理、メソッドを分かりやすくお伝えしていますので、ご好評いただいています。
講習は基本マンツーマンで、お好きな時間を予約していただくフリータイム制です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.