磁石を使ったパワーストーンの浄化

磁石歴史漫画「キングダム」45巻の巻末おまけマンガで主人公の信が副隊長の女性剣士にアクセサリをプレゼントしようとしたら、「石とかなら“力”があるかどうか見れば分かる。」と言われ「えっマジか」と驚くシーンがありました。

ハンターXハンターのヨークシンシティ編では主人公がオーラを見る能力で高値がつく品を探すのに成功していました。

オーラが見えるなんてマンガの世界だけと思われがちですが、健康な人や、時には物の周りに「もや」のように見えることがあります。

オーラが見えなくても以前紹介したテスト法を使うと、対象物を見ながらテストをすることで分かるようになります。

パワーストーンを身につけている方を見ると、つけることによって緊張してしまっている、つまり力が出にくくなっていることが多いです。
石が邪気を吸ってくれるのはいいのですが、そのまま使っていると邪気が溜まってしまい、ネガティブ・パワーストーンになってしまいます。

石の浄化には塩やセージ、マントラを使う方法などありますが、ここでは磁石を使った、置くだけの方法を紹介します。

「MAGCUBE」などの商品名で玩具として売られているネオジム磁石の小球を六角形の板状に並べて、その上に置くだけです。

動画撮影のため数十秒しか置いていませんが、あまり効果がない場合は3分以上置いてみてください。
持続時間はモノによりますが、大体は数日といったところです。
今まで見た中ではモリオンという黒水晶は非常に効果が長持ちします。

この磁石自体をパワーストーン的に使えるのでは、と思われたかもしれません。
実際に筋反射テストでは非常に強い効果がありますが、市販の磁気製品より磁力が強いので試されるときは慎重にお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.