気を入れて力を抜く

武道や手技療法など色々なところで「力を抜きましょう」と聞くと思いますが、この力を抜くというのがなかなか難しいものです。

武道だったら相手を動かさなければならないし、指圧やマッサージなら相手に手指で圧を加えるので、力を抜いたらできなさそうな気がします。

高岡英夫氏が「ゆるむとたるむは違う」と書いているようです。
高岡氏とは解釈が違うかもしれませんが、ここでは
緩む=「気を入れて力を抜く」
弛む=「力も気も抜く」
と解釈します。
検索してみたら書家の武田双雲さんなどが同じことを書かれていました。

この違いを体感的に分かるようなワークを紹介します。

腕に気が流れているイメージをすると人が肘を曲げようとしても曲がらなかったり、ねじろうとしてもねじれなかったりする、というのは気功や合気道の教室で体験された方もいらっしゃるかもしれません。

ここでは一歩進んで「気が流れたイメージを維持したまま力だけを抜く」ということをしています。

力を抜くことで全身を一つに使えるようになり、ねじりに来た相手をはね返しています。

これができるためには気(イメージ)で伸ばしている感じと、力で伸ばしている感じが分離できていないといけませんが、そこがちょっと難しいかもしれません。

これから紹介する予定の呼吸法やストレッチなどの基本になるので是非マスターしていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.