癒しの氣・ツボ療法 一圧で効果を出す

癒しの氣・心身楽道はマッサージのように圧す手技にも応用できます。
今回は肩の可動域を脚のツボを圧すことで改善してみました。
(ここでいうツボはタオ指圧でいうところの、その場で感じるツボです。)

圧すというのは基本的に身体を緊張させる行為なので、触るのに比べてハードルが高いのですが、圧し方をまともに教える所はほとんどありません。
(私の知る限り、当院で行っている心身楽道(気功&整体教室)とタオ指圧と活法整体くらい)

巷の整体院、整骨院やリラクゼーションサロンではマッサージのような手技をやっていますが一体どんな効果があるのでしょうか?
何十分か揉んでも可動域を改善させられない人が大半だと思われます。

ある先生の意見では「圧すときはコリを内側に押し込んでマヒさせているだけです。
離す時に緊張が解放されたような感じになるので気持ちよく感じます。
これでは次の日に痛くなったりします(好転反応ではなく筋肉痛みたいなものです)。
良くなるどころかだんだん感覚がマヒしてくるのでより強い圧を求めるようになります。
さらに受け続けていると身体がどんどん硬くなってしまいます。」
ということです。

これは施術をしている人も多かれ少なかれ分かっていると思います。
マッサージで改善されなかった方や改善できないセラピストさんには改善できる整体を是非ご体験いただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.